一体ナゼ?子どものオムツ替えが上手くできない5つの理由

「子どもが動き回るから、オムツ替えが上手にできない。」

「毎日オムツ替えのたびにイライラしてしまう・・・。」

 

赤ちゃんが活発に動く生後6ヶ月頃から、オムツが外れる3歳頃までは、子どものオムツ替えに苦戦したママが多いですよね。

上手くオムツ替えができなくて、ついつい子どもに怒ってしまったことはありませんか?

 

でも、大丈夫です。子どもが動き回ることは、成長している証。

オムツ替えがスムーズにできないことは普通です。

 

イライラする気持ちはおさえて、赤ちゃんに「オムツ交換=楽しい」と感じてもらうことがポイントですよ。

ここでは、子どものオムツ替えが上手くできない理由と対処法をお伝えします!




オムツ替えが上手くできない理由

そもそも、子どもがオムツ替えを嫌がる理由は何があるのでしょうか?

主な原因は、以下の5つがあげられます。

 

  1. とにかく動きたい
  2. 他のことで夢中になっている
  3. おしりふきが冷たい
  4. ママがイライラしている
  5. オムツ替えのときに嫌な思いをした

 

一つずつ、詳しくご説明しますね!

 

オムツ替えが上手くできない理由:①とにかく動きたい

冒頭でもお伝えした通り、子どもは生後6ヶ月頃から活発に動くようになります。

自分で動き出すと楽しい気分になるため、オムツ替えでじっとしていられなくなることが多いです。

 

オムツ替えが上手くできない理由:②他のことで夢中になっている

子どもが、何か夢中になっているときにオムツ替えをしていませんか?

例えば、子どもが好きなオモチャで遊んでいるときは、オムツ替えよりも遊びに集中したい可能性があります。

 

そんなときは、オムツ替えは少し待って、子どもが夢中になっていることを見守ってみると良いでしょう。

 

オムツ替えが上手くできない理由:③おしりふきが冷たい

子どもは、おしりふきが冷たいことに不快感を感じることがあります。

そんなときは、おしりふきウォーマーがおすすめ

 

おしりふきウォーマーは、市販のおしりふきを温めてくれます。

寒い時期はとくに重宝するので、一つあると便利ですよ。

 

オムツ替えが上手くできない理由:④ママがイライラしている

子どものオムツ替えに一度でもイライラしてしまうと、その様子が子どもに伝わることがあります。

なかなか上手くいかずママがイライラしてしまう気持ちは分かりますが、まずは一旦落ち着いてみましょう。

 

子どもはママの気持ちを汲み取ることができるため、ママが怒っていると子どもに伝わってしまいます。

 

オムツ替えが上手くできない理由:⑤オムツ替えのときに嫌な思いをした

過去、オムツ替えをしたときに嫌な思いをした子どもは、無意識に「オムツ交換=イヤなこと」という感覚になっている場合があります。

オムツ替えが上手くできない理由④でもお伝えしましたが、ママがイライラしていると、それだけで子どもは、また怒られるのではないかと感じてしまうかもしれません。

 

オムツ替えが上手くできるようになるコツ

先ほどは、子どものオムツ替えが上手くできない理由についてご紹介しました。

次に、オムツ替えが上手くできるようになるコツを、5つお伝えします。

 

  1. 笑顔で話しかける
  2. 手にオモチャを持たせる
  3. おうたを歌う
  4. いつもと違う場所でオムツ交換する
  5. パンツタイプのオムツで替える

 

一つずつ、詳しくみていきましょう!

 

オムツ替えが上手くできるようになるコツ:①笑顔で話しかける

オムツ替えが上手くできない理由④でもお伝えしましたが、ママがイライラしている様子を子どもは感じ取ります。

そんなときは、ママが笑顔でオムツ交換をしてみましょう。

 

ママの笑顔を見ると、子どもは安心します。

また、オムツを替えるときに、以下の3つを子どもに声かけすると良いでしょう。

 

  1. スッキリする
  2. 綺麗になる
  3. 気持ちが良い

 

オムツ交換は、子どもとの大切なコミュニケーションの場です。

何より排泄は、生活していく上で必要不可欠なもの。

 

そんな子どもとのコミュニケーションの場を、一緒に笑って過ごすことで、オムツ替えの時間がいつも以上に楽しくなりますよ。

 

オムツ替えが上手くできるようになるコツ:②手にオモチャを持たせる

子どもはオムツ替えの時間が、退屈に感じているかもしれません。

そのときは、一度子どもの手にオモチャを持たせて、オムツ替えをしてみてください。

 

オモチャや音の鳴るものを手に持たせることで、子どもはオモチャに集中するでしょう。

 

オムツ替えが上手くできるようになるコツ:③おうたを歌う

オムツ替えが上手くできるようになるコツ②でもお伝えしましたが、子どもにとってオムツ替えは、退屈に感じている可能性があります。

そこで、オムツ替えのときにママがおうたを歌ってみるのも一つの手。

 

おうたはリズム感があるので、好きな子どもは多いです。

子どもが知っているおうたを一緒に歌うことで、ママもイライラせずに楽しい気持ちでオムツ交換ができますよ。

 

オムツ替えが上手くできるようになるコツ:④いつもと違う場所でオムツ交換する

あえて、いつもと違う場所でオムツ交換することも、オムツ替えが上手くできるコツの一つです。

なぜなら、子どもはいつもと違う場所に興味を示すことが多いから。

 

違った風景を子どもに見せて、新鮮な環境で、ママも一緒にオムツ替えを楽しんじゃいましょう!

 

オムツ替えが上手くできるようになるコツ:⑤パンツタイプのオムツで替える

テープのオムツを使用しているママは、パンツのオムツに移行するタイミングかもしれません。

コロコロ転がったり、ハイハイで移動するのが好きな子どもであれば、パンツタイプのオムツに切り替えてみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は、子どものオムツ替えが上手くできない理由についてご紹介しました。

オムツ替えは、毎日の繰り返しなので、時間がかかるとイライラしますよね・・・。

 

でも、裏を返せば、オムツ交換できる時期は今だけです!

今回お伝えした、オムツ替えが上手くできるコツを、是非一つでも試してみてください。

 

子どもとの貴重な時間を楽しく過ごせますように。

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング




最新情報をチェックしよう!