育児を楽しいと感じるのはいつから?→「いつからでも」にする心構え

「育児を心から楽しいって感じられるのはいつからなの?毎日辛い・・・」

と、想いを巡らせ辿り着いたあなたの為の記事です。

 

結論から申しますと、「3歳を過ぎてから楽に感じた、楽しいと感じた」という声が多いです。

なぜなら「色々と理解してくれる、出来るようになるから」と言われていますね。

 

・・・にしてもそれは本当なのでしょうか。

「毎日辛い」と感じてしまっている子育てを、明るく捉えたい。

 

どうしたら良いのかと、ネットで記事やブログを読んでは共感したり、時には落ち込んだり。

お子さんが3歳になるまで、育児は”楽しい”と感じられないものなのか。

 

あなたは本当は、「育児に対してネガティブになっている」その気持ちを何とかしたいのですよね。

そこで今回は、

 

  • 育児を楽しめるのは「3歳以降から」は本当なのか
  • 育児を楽しめるには3歳まで待たないといけないのか

 

について、お伝えしていきます。

少しでもあなたの気持ちが楽になるように、楽しめない時の乗り越え方についてもまとめてみました。

 

育児が”楽しいのはいつから?=3歳”の理由

「3歳を過ぎたら本当に”育児が楽しい”って思えるの?」

と、少しでも疑ってしまう気持ちがありませんか?

 

育児が楽しいと感じるのは『3歳を過ぎてから』という声が多いのは本当です。

その理由は、

 

  • 理解できるようになるから
  • コミュニケーションを取れるから

 

詳しく見ていきましょう。

 

理解できるようになるから

3歳ごろになれば、あなたがしてほしいこと、お願いしたいことをお子さんが理解できるようになってきます。

と同時に、良いことと悪いことが今までよりも分かるように。

 

なぜなら、[子どもの脳細胞が60%完成し、言語能力・運動能力が急に発達するタイミングが3歳頃]と言われているからなんですね。

 

具体的には、

  • 食べ物を投げなくなる
  • イヤイヤと表現しなくなる
  • トイレができるようになる
  • きちんとご飯を食べてくれるようになる

 

と、今までよりもお子さんが理解してくれる、出来ることが増えます。

そうなると、あなた自身、心に余裕を感じられるように。

 

だから「3歳になれば育児を楽しいと感じられるようになる」に繋がるのです。

 

コミュニケーションが取れるから

3歳をすぎると、言葉をきちんと理解し会話ができるようになりますね。

今まで、お子さんに「言葉が通じなくて辛い」と感じていたのであれば、それが解消されます。

 

と同時に、お子さんとの会話が楽しく感じられるようになり、

結果「育児は楽しい」と感じるようになるのです。

 

育児は楽しいと思うには3歳まで待つしかないのか?

「育児を楽しむには、色々理解出来るようになる3歳まで待つしかないの?」

と、思うかもしれません。ですがそんなことはありませんよ。

 

0歳から2歳の間でも、”育児は楽しい”と感じられる様になれます。

育児が楽しいと感じないのは、3歳になるまで、お子さんへの接し方、やることが大変だからですよね。

 

大変なことが辛いことだと感じてしまう・・・

であれば、その大変なことを”辛い”と感じなければ良いのです。

 

そのためには一旦整理しましょう。

 

育児の何が大変で辛いのか

あなたは、育児の何が大変で、辛いと感じるのでしょうか?

具体的に書き出してみましょう。

 

  • 子どもが泣きわめく、言うことを聞かない
  • 子どもとコミュニケーションが取れない
  • 子どもがちゃんとご飯を食べてくれない
  • 子どもの遊び、動きについていけない
  • トイレトレーニングがうまく進まない
  • 夜泣き対応で寝不足が続く状況

 

と、こんな感じでしょうか。

これらを、『大変で辛い』と、感じないようにするのです。

 

育児そのものが大変なのは変えられません。

ですが、その大変な育児を”辛い”と感じないようにすることで、逆に育児を楽しめるようになれます。

 

[大変だけど辛くない→ストレスを感じない=心に余裕ができる=楽しく感じる]

ということに繋がっていくのですよ。

 

3歳になるまでの大変さをつらいと感じないようにする

ではどのようにして『大変=辛くない』と、感じることができるのか。

結論、【こういうものか】って現状を受け入れること。と、同時にお子さん自身を受け入れるのです。

 

受け入れるというのは、お子さんを”1人の人間として尊敬し、接する”と、意識すること。

お子さんとあなたは対等です。

 

お子さんとあなたは対等とし、お子さんを1人の人間として接していくことで、

あなた自身心に余裕が持てるようになります。

 

こういうものだと受け入れる

 ↓

大変さは変わらないけど辛いと感じなくなる

 ↓

心に余裕が持てる

 ↓

楽に感じる

 ↓

むしろ楽しいと感じてくる

 

というように、心に余裕があれば”育児は楽しいものだ”と感じられるようになっていくのです。

 

そうなると、『育児を楽しめるのはいつから?』という疑問の答えは、

3歳ではなく、”いつでも楽しめる”ということになりますね。

 

育児に楽しさを感じられない時の乗り越え方

「それでもどうしてもいっぱいいっぱいな時はある。目の前で泣かれても心に余裕なんて持てない」

そんな時もありますね。

 

そんな時は

 

  1. リフレッシュする
  2. 子どもの成長を誰かと共有する

 

ひとまず、この2点が大切です。

 

辛い時の乗り越え方:①リフレッシュする

1人時間を設けるなどしてリフレッシュしましょう。

いっぱいいっぱいな状態が毎日続いてると心に余裕なんて持てません。

 

家族やシッターサポートなどに頼っても良いのです。

リフレッシュすることを後ろめたいと感じる必要はありませんし、リフレッシュすることはあなたにとって必要不可欠なことなのです。

 

辛い時の乗り越え方:②子どもの成長を共有する

子どもの成長を誰かと共有しましょう。

 

一番いいのは夫。

次に、両親、義理の両親、お友達ですね。

 

例えば、

  • 夜泣きしなくなった
  • 滑り台で遊べるようになった
  • 鉄棒にぶら下がることができた
  • ピーマンが食べられるようになった
  • お風呂でシャワーヘッドを取られて、冷たい水を掛けられた

 

など、何でもいいのです。

 

お子さんとの出来事を共有することであなたの心が満たされます。

共有すること自体が楽しく感じ、結果、育児が楽しいと感じるようになるのです。

 

育児を楽しいと感じる瞬間

あなた自身が心に余裕を持てると、育児を楽しいと感じられるようになります。

 

具体的にはこんな瞬間です↓

  1. 子どもの成長を実感した時
  2. 子どもの笑顔を見た時
  3. 子どもの無邪気な様子を見た時

 

楽しいと感じる瞬間:①子どもの成長を実感した時

お子さんの成長を感じた瞬間、「育児って楽しいな」と感じられます。

 

お子さんが1人で何かできた時、やり切ったときにふと、

「あ~、こんな私でも我が子がこんなに成長できるものなのね」と感じる時があるでしょう。

 

不安だらけではじまった育児。

色々と手探りばかりな育児だったのに、よくここまで成長したなと感動することも。

 

同時に「育児って楽しいんだな」と感じられているのではないでしょうか。

 

楽しいと感じる瞬間:②子どもの笑顔を見た時

お子さんの笑顔を見た時に、育児が楽しいものだと感じるときがあります。

子どもの笑顔って、明るい気持ちにさせてくれるパワーがありますよね!

 

子どもの笑顔のために頑張るママ、パパ。

その姿は、周りから見ると、育児を楽しんでる様に見えるものです。

 

楽しいと感じる瞬間:③子どもの無邪気な様子を見た時

お子さんが何かを純粋に楽しんでいる様子を見た瞬間、育児が楽しいものだと感じられますよ。

子どもの純粋で無邪気な姿は、あなたの心を穏やかにしてくれます。

 

美味しいものを食べて「おいしいねこれ!」と言ってくれたり、

遊園地に連れて行って「わーー!!」と心から楽しんでくれたり。

 

あなたと一緒に何かを見たり、やってみたりすることで、お子さんの目がキラキラしている。

そんな様子を見て、あなた自身が喜んでいるのなら育児を心から楽しいと感じている証拠です。

 

まとめ

【育児が楽しいと感じるのはいつか】についてまとめます。

(ご自身のメモにどうぞ♪)

 

”育児が楽しい”と感じたのが3歳以降の理由はコチラです↓

  • 色々と理解できるようになるから
  • コミュニケーションを取れるから

 

3歳になるまでの育児は、どうしても気が休まりません。

休まらない状態が続く中『育児を楽しむ余裕なんて無いな』と多くのママ、パパは感じています。

 

ここでお伝えしたいことは、

[育児は辛いと感じる=あなたの”子どもが自分の思い通りにいかない”というストレス]なのだと理解すること。

 

そんな時は、一旦深呼吸して、お子さんと向き合ってみて下さい。

”お子さんはあなたと対等なのだ”と、少しずつで良いので受け入れてみましょう。

 

受け入れることが、結果的にあなた自身の心に余裕を持たせることに繋がります。

心に余裕を持つことができれば、『何歳からなんて関係ない、いつでも育児は楽しいものだ!』と感じられるようになっていくのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング

 

最新情報をチェックしよう!