初めてのクレヨンはいつから?おすすめの赤ちゃん用クレヨン3選

「まだ0歳の赤ちゃんだけどクレヨンっていつから使って良いの?」

「口に入れたり、飲み込んでしまったら怖い・・・」

 

赤ちゃんにクレヨンを使わせて良いのか分からない、という子育て中のあなた。

結論からお伝えすると、赤ちゃんでもクレヨンは使っても大丈夫!

 

なぜなら、お絵描きをする事で、手先の発達を促したり、子どもの表現力を養う機会にもなるからです。

お子さんが興味を持つのであれば、どんどん積極的に挑戦させてあげると良いでしょう。

 

ここでは、クレヨンを始める最適の時期や、選び方のコツをお伝えしていきます。




赤ちゃんがクレヨンを使い始めるベストタイミングは?

「そろそろクレヨンを使わせてみたいけど、0歳の赤ちゃんにはまだ早いかしら・・」

「いつから始めるのが一番いいの?」

 

育児中は、「早すぎる?」「あの子はもう始めている」と、どんな事も周りと比べてしまいがちですよね。

 

ずばり、クレヨンを始めるベストなタイミングは、お子さんがお絵描きに興味を持ち始めた時です。

ママや兄弟が何かを書いている様子をじーっと見たり、触ろうとしたりする様子が見られたら、それは好奇心が生まれてきた証拠。

 

いきなりボールペンや鉛筆、絵の具から始めるのではなく、まずはクレヨンから始めていきましょう。

クレヨンは、ボールペンや鉛筆と違って、先が丸くなっていて比較的太めで持ちやすいのが特徴。

 

まだ指先がうまく使えず、何でも口に入れてしまう赤ちゃんが初めてのお絵描きをするには、クレヨンはピッタリなのです。

 

赤ちゃん用クレヨンの選び方のコツ

「お絵描きに興味を持ち始めたけど、赤ちゃん用クレヨンってあるのかな?」

「どんな基準で選べばいいの?」

 

Amazonや楽天などの通販サイトを見ると、たくさんの商品が出ていて、どんな物を選べば良いか迷ってしまいますよね。

ここでは、赤ちゃんが初めて使うクレヨンの選び方のコツを、ご紹介していきます。

 

赤ちゃん用クレヨンの選び方のコツ:①口入れても大丈夫か

赤ちゃんは、とにかく何でも口に入れてしまうので、万が一赤ちゃんが口に入れても大丈夫かどうか、確認する必要があります。

口に入れても無害かどうかは、クレヨンの材料で判断しましょう。

 

一般的な子ども用クレヨンは、ワックスと顔料で作られています。

多少飲み込んでしまっても大きな害はありませんが、体にいい物とは言えません。

 

ワックスの代わりに、ミツバチの巣からできる蜜蝋(ミツロウ)というものが使われているクレヨンもあります。

他にも、天然油脂や米油などの、自然由来の原料を使用しているクレヨンもあるんです。

 

こういった原料であれば、子どもが口に入れてしまっても安心ですね。

 

赤ちゃん用クレヨンの選び方のコツ:②折れやすさ

赤ちゃんは、何でも口に入れてしまうのはもちろん、何でもポイっと投げてしまう事もしばしば。

 

細いクレヨンだと、投げたり落としただけで折れてしまいます。

そして、落ちたクレヨンの破片を口に入れて、喉に詰まらせてしまう可能性も

 

このような誤飲は、小さなお子さんの命に関わる重大な事故にも繋がりかねません。

クレヨンの太さ・折れやすさなども、見ておくと良いですね。

 

赤ちゃん用クレヨンの選び方のコツ:③発色のよさ

最後に、赤ちゃん用クレヨンを選ぶ際には、発色のよさも意外と重要。

 

まだ握力が弱い赤ちゃんが、クレヨンを使ってお絵描きをした場合、全然色がつかない!なんて事も。

柔らかめの芯の物や、発色が綺麗な物を選ぶと、お絵描きがもっと楽しくなりそうですね。

 

オススメの赤ちゃん用クレヨン3選

「赤ちゃん用クレヨンって色々あって、結局どれを選べば良いのか分からない!」

そんなあなたに、選び方のコツを踏まえた上で、おすすめのクレヨンを3つご紹介します。

 

①ベビーコロール ベーシック・アソート6色

赤ちゃん用クレヨンの定番と言っても過言ではない、このベビーコロール。

 

持ちやすいデザインが人気です。

舐めても安心な原料で作られているのはもちろんのこと、万が一口に入れてしまっても窒息しないように、真ん中に穴が空いているのも特徴。

 

重ねて収納できるので、お片付けも楽チンですね!

12色の物もありますが、初めては6色でも十分楽しめますよ。

 

 

 

②シュトックマー 蜜ろうクレヨン ブロック8色

人体に無害な、蜜ろうを使用したクレヨンなので、万が一子どもが口入れてしまっても安心。

ブロックタイプで、丈夫で折れにくい上に握りやすく、赤ちゃんに最適なクレヨンですね。

 

そして、透明度が高く、重ね塗りをすると中間色が作れるのが、このクレヨンの最大の特徴!

大きくなってからも、様々な色を組み合わせて楽しむ事ができますよ。

 

赤ちゃんにハチミツはNGとされていますが、その原因のボツリヌス菌は蜜蝋には含まれておりませんので、安心して赤ちゃんに与えることが出来ます

(引用:Q 蜜蝋クレヨンは小さい子供や赤ちゃんにも優しく安全ですか?

 

 

 

③こどもちゃれんじ しまじろう あんしんクレヨン こども用

こちらのクレヨンは、柔らかくて力の弱い赤ちゃんでも、クッキリとした線を描くことができるのが特徴

苦味剤が入っていて、赤ちゃんが何度も口に入れないような工夫もされています。

 

手が汚れないようにフィルムカバーが巻いてありますが、万が一落としてしまってもバラバラになりづらくて良いですね。

 

 

 

まとめ

ここまで、「初めてのクレヨンはいつから?おすすめの赤ちゃん用クレヨン3選」について、見てきました。

 

お絵描きに興味を持つ時期は、その子どもによって変わってきます。

もちろんお絵描きに興味を持たない子どもがいるのも事実。

 

どんな時も、お子さんのペースで始めていけば問題ありませんよ。

 

もしお子さんがお絵描きに興味を持つようになれば、その時には、クレヨンから始めてみるのはいかがでしょうか。

そして、今回の選び方のコツなどを参考に、数あるクレヨンの中から、お子さまが安心して楽しめる物を見つけられると良いですね。

 

 


あなたは今、ココロの底から幸せを感じられていますか?

「立派な母親像」を追い求めて、苦しんでいませんか?

もしそうだとしたら、そんな呪縛から解放される方法がコチラ↓です。


 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング




最新情報をチェックしよう!