パンツタイプのオムツはいつから?切り替える時期のポイント3選

「赤ちゃんのオムツは、いつからパンツタイプに切り替えたらいいの?」

あなたは、テープからパンツのオムツに、切り替える時期を迷っていませんか?

 

結論からお伝えすると、「テープだとオムツ交換しにくい!」とママが感じるようになった時が、パンツに切り替える一つのタイミングです。

子どもの成長は個人差があるので、何ヶ月になったらパンツに切り替えないといけない!ということはありません。

 

周りのママがパンツのオムツを使用していても、ママが遅いと感じる必要はないですよ。

ここでは、パンツタイプに切り替える時期のポイントをご説明します。




テープとパンツの違い

パンツタイプのオムツはいつからがオススメなのかをお伝えする前に、まず子どものオムツの「テープ」と「パンツ」の違いを簡単にご紹介します。

 

テープとパンツの違い ~テープ編~

テープのオムツは、3つのメリットがあります。

 

  1. ねんね期の赤ちゃんにオススメ
  2. ウンチが拭きやすい
  3. パンツに比べて値段が安い

 

テープは、動きがまだ少ない赤ちゃんにオススメです。

また、ウンチが拭きやすいのもメリットの一つ。

 

そして、オムツの価格はパンツよりも安いです。

一方、テープのデメリットは以下の3つです。

 

  1. パンツよりもズレやすい
  2. 動き出すとオムツ交換しにくい
  3. ウンチ漏れしやすい

 

テープは、パンツよりもフィット感が少ないためズレやすいです。

また、赤ちゃんが活発に動くようになると、オムツ交換しづらいことも。

 

そして、パンツよりもウンチの背中漏れが多いことも、デメリットの一つです。

 

テープとパンツの違い ~パンツ編~

次にパンツタイプのオムツは、3つのメリットがあります。

 

  1. 寝返りやハイハイをしている赤ちゃんにオススメ
  2. テープよりもフィット感がある
  3. 赤ちゃんがたっちしたまま交換できる

 

パンツタイプは、動きが活発になってきた赤ちゃんにオススメです。

また、テープよりも、フィットしているため、ウンチの背中漏れにも安心。

 

そして、子どもがたっちしながらでもオムツ交換可能なので、大きくなるにつれてとても重宝します。

一方、パンツのデメリットは以下の3つです。

 

  1. テープよりも値段が高い
  2. ウンチが拭きにくい
  3. 湿った肌だと履かせにくい

 

パンツはテープよりもコストがかかります。

また、たっちのままオムツ交換すると、ウンチが拭きにくいです。

 

お風呂あがりなど、湿った肌だとパンツは履かせにくいこともデメリットの一つです。

 

パンツに切り替える時期のポイント

「パンツタイプのオムツに、いつから切り替えよう・・・。」

お待たせしました!ここでは、テープからパンツに切り替えるポイントを、3つお伝えします。

 

  1. 赤ちゃんがじっとしていられなくなったら
  2. 背中のウンチ漏れに悩んだら
  3. オムツ交換が大変と感じたら

 

一つずつ、ご紹介しますね!

 

パンツに切り替える時期のポイント:①赤ちゃんがじっとしていられなくなったら

テープからパンツへ切り替えるきっかけの一つは、赤ちゃんが活発に動くようになったからではないでしょうか?

テープはねんねの状態でオムツ交換します。

 

寝返りをしたり、ハイハイで移動する赤ちゃんは、ねんねの状態だとオムツ替えは難しいかもしれません。

そんなときは、是非パンツを試してみてください。

 

子どもがハイハイをしていても、オムツ交換ができるようになりますよ。

 

パンツに切り替える時期のポイント:②背中のウンチ漏れに悩んだら

とくに離乳食が始まる前の生後5ヶ月頃までは、子どものゆるゆるウンチで悩むママもいるかもしれません。

テープだと背中や太ももから漏れやすいため、毎回オムツ替えと共にお着替えするのも大変。また洗濯も二度手間です。

 

そこで、一度パンツを履かせてみてください。

テープとパンツの違い~パンツ編~でもお伝えした通り、テープよりもフィット感があるため、ウンチ漏れしにくいです。

 

ママの負担がグンと軽減されますよ。

 

パンツに切り替える時期のポイント:③オムツ交換が大変と感じたら

何と言っても、ママがオムツ交換にプチストレスを感じていたら、パンツに切り替えるのも一つのポイントです。

オムツ交換は1日に何回も行うもの。

 

少しでも負担に感じるのであれば、パンツへ切り替えてみましょう。

パンツに切り替えることで、オムツ交換が快適に感じるきっかけになるかもしれません。

 

パンツに切り替える時期のポイント:~番外編~

パンツオンリーで切り替えるのに、少し抵抗があるママへ。

そんなときは、テープと併用してみてください

 

たとえば、「お風呂あがりや夜はテープ、日中はパンツ。」にすることで、少しでも家計に優しくなります。

ママのやりやすい方法で、テープとパンツを上手く併用してみてくださいね!

 

まとめ

今回はオムツの、パンツへ切り替えるタイミングはいつからが良いのかについてご紹介しました。

 

子どもはねんね期を過ぎると、寝返りやハイハイなど活発に動く時期がやってきます。

「いつまでもテープでオムツ交換」というわけにはいきませんよね。

 

ただし、パンツへ切り替える時期は赤ちゃんによってもさまざま。

切り替える時期は子ども基準ではなく、大人基準で考えることも大切なポイントです。

 

ママが少しでもオムツ替えに負担を感じていたら、一度パンツを使ってみることをオススメします。

子どもが歩き出すまではオムツを併用することも一つの手ですよ。

 

あなたらしい方法を見つけて、快適な子育てライフを送ってみてくださいね。

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング




最新情報をチェックしよう!