ベビーチェアはいつから使えるの?タイプ別と上手に選ぶポイント

「もうすぐ離乳食が始まるけど、ベビーチェアはいつから使えるの?」

「ベビーチェアの種類が多くて、何が良いのか分からない!」

 

この記事は、そんなあなたへ向けて書いています。

 

はじめまして。東京でベビーシッターをしている、あいか と申します。

福島県の村育ちで、短大卒業後に保育士として働き始めました。

現在は、フリーでベビーシッター及び子育てに携わる事業をしております。

 

さて、子どものベビーチェアは、いつから使えるのでしょうか?

結論から言うと、腰がすわる生後6ヶ月頃から使用することができます。

 

また、ベビーチェアには色んなタイプがあるんですよね。

ということで今回は、ベビーチェアの種類とメリット、そしてベビーチェアを選ぶポイントをご紹介します。

 

保育歴10年のプロならではの視点で、他にはないようなお話もしていこうと思っています。

 

この記事が、あなたの手助けになれば幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

 

*あなたへのオススメ:子どもを育てる前に必要なたった一つのこと




ベビーチェアとは

ベビーチェアはいつから使えるのかをお伝えする前に、まずはベビーチェアについてご説明しますね。

 

ベビーチェアとは、子ども用の椅子のこと。

そのため、子ども用に低く作られていて、安全性にも優れているものが多いです。

 

ベビーチェアは、素材や種類が多種多様なため、ご家庭の状況によって選ぶポイントが変わってきます。

詳細は、後ほどお伝えしますね。

 

ベビーチェアとは:~いつから使えるの?~

冒頭でもお伝えしましたが、ベビーチェアは生後6ヶ月頃から使用できます。

使用する目安としては、

 

  • 子どもが一人でお座りができる
  • 腰がしっかり座っている

 

などがあげられます。

ただし、メーカーによって使用できる月齢はさまざまなので、購入する際はチェックしてくださいね。

 

ベビーチェアとは:~いつまで使えるの?~

ベビーチェアは、大体3歳頃までが適齢期と言われています。

中には、メーカーによっては、幼児期まで使用できるものも。

 

ベビーチェアを選ぶ際は、いつからいつまで使えるのか合わせて確認すると良いでしょう。

 

ベビーチェアの種類

先ほどは、ベビーチェアはいつからいつまで使えるのかについてお伝えしました。

次に、ベビーチェアの種類をご紹介します。

 

基本的に、ベビーチェアは3種類から選ぶことが可能です。

 

  1. ローチェア
  2. ハイチェア
  3. テーブルチェア

 

一つずつ、メリットデメリットと合わせて説明していきます。

 

ベビーチェアの種類:①ローチェア

ローチェアとは、名前の通り低い椅子のこと

 

テーブル付きのものが多いため、食事の際に重宝します。

また、安全性が高いことから、離乳食の赤ちゃんなどに人気の商品です。

 

メリット:床で使用するため、安全性が高い。地に足をつけられる。

デメリット:食事介助をするとき、少しかがむ必要がある。使用期間が短い。

*参考サイトはこちらから。(おすすめ情報サービスの「mybest」さんより引用しております)

 

ベビーチェアの種類:②ハイチェア

ハイチェアは、高さ調節ができるものが多いです。

 

そのため、幼児期まで長く使用できるものがほとんど。

大人と目線が一緒なので、食事介助がしやすいです。

 

メリット:大人と同じ目線で食事ができる。長い間使える。地に足をつけられる。

デメリット:折りたためないものが多い。転倒の恐れがある。

*参考サイトはこちらから。(おすすめ情報サービスの「mybest」さんより引用しております)

 

ベビーチェアの種類:③テーブルチェア

テーブルチェアとは、大人のダイニングテーブルにつけることができる椅子です。

 

場所を取らずに、サッと取り付けられるのが大きな特徴。

また、洗濯可能なものが多いので、お手入れが簡単です。

 

メリット:大人と同じ目線で食事ができる。コンパクトで収納に便利。洗濯可能。

デメリット:デーブルによって使えないことがある。地に足をつけられない。

*参考サイトはこちらから。(おすすめ情報サービスの「mybest」さんより引用しております)

 

ベビーチェアを上手に選ぶポイント

先ほど、ベビーチェアの種類によっては、いつからいつまで使える期間が異なることが分かりました。

そこで、次にベビーチェアを選ぶポイントを3つご紹介します。

 

  1. 安全性
  2. テーブル付き
  3. 素材

 

一つずつ、簡単にご紹介しますね。

 

ベビーチェアを上手に選ぶポイント:①安全性

ベビーチェアは、子どもが使用するため何と言っても安全を重視したいものです。

落下の恐れがあるため、ベルト付きのものを選ぶようにしましょう。

 

転倒の可能性が高い0~2歳頃までは、ローチェアを使用すると安心ですね。

 

ベビーチェアを上手に選ぶポイント:②テーブル付き

ベビーチェアは食事の際にとても役立つため、テーブル付きのベビーチェアがおすすめです。

なぜなら、子どもが一人で食事することができるから。

 

ハイチェアは基本的にテーブルが付いています。

ローチェアは、取り外し可能なテーブルも販売しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ベビーチェアを上手に選ぶポイント:③素材

ベビーチェアは、柔らかいクッション性の素材から、木のぬくもりを感じられる素材までさまざまなものがあります。

できれば、お手入れしやすい素材を選ぶと良いでしょう。

 

子どもの食べこぼしなどはよくあること。

テーブルチェアは、洗濯可能なものが多いので、お手入れ重視の方はおすすめです。

 

ベビーチェアを上手に選ぶポイント:~番外編~

外出時に便利なベビーチェアベルトはご存知でしょうか?

 

ベビーチェアベルトとは、子どもの転倒を守るベルトのこと。

色んな椅子にベルトを固定することができるため、外出時にベビーチェアがないときや、ベビーチェアにベルトが付いていない場合はとても重宝します。

 

気になる方は一度見てみてくださいね。

*参考サイトはこちらから。(おすすめ情報サービスの「mybest」さんより引用しております)

 

まとめ

今回は、「ベビーチェアはいつからいつまで使えるのか」と「ベビーチェアの種類と上手に選ぶポイント」についてご紹介しました。

 

ベビーチェアは、何を重要視するのかで選ぶポイントが異なってきます。

3タイプあるので、ご家庭のライフスタイルに合うものを選んでみてくださいね。

 

 

 

下記画像の内容は、

子育てや今の生活にモヤモヤしている方のみ

ご覧くださいね!

↓ ↓ ↓

 

 

コチラも↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング




最新情報をチェックしよう!