布オムツには何が必要?これだけは準備しておきたいもの総まとめ

赤ちゃんにとって必要不可欠なオムツ。

「布おむつを使ってみたい!」と考えているママへ。



「布おむつは何を買えば良いのか分からない・・・」

「とにかく種類が豊富で、一体何が人気なの?」



初めてづくしだと不安になりますよね・・・でも心配しないで!

ここでは、布オムツに便利で必要なものをお伝えします!



とくに、毎日育児で忙しいママ必見です!



布オムツとは?①紙オムツとの違い

そもそも、布オムツって何なのでしょうか?

まずは、紙オムツを比較してみました。



〈布オムツ〉

繰り返し使えるもの。素材は綿。



〈紙オムツ〉

使い捨てるもの。素材は紙。



上記の通り、布オムツは何度も洗濯できて、繰り返し使えることですよね。

つまり、布オムツは紙オムツ使用者よりも、圧倒的に節約できます!



布オムツとは?②布オムツの素材について

次に、布オムツの素材についてお話しします。

布オムツの素材は、先ほどお伝えした通り綿です。綿には主に2種類あります。



  1. ドビー織り(目が粗く、ふんわりしている)
  2. さらし(目が詰まっていて、硬い)


ドビー織は目が粗いため、うんち汚れも落ちやすくオススメ。

一方で、さらしは少し硬めですが、何度か繰り返し使っていくうちに、柔らかくなっていきます!



布オムツとは?③布オムツの種類

次に、布オムツの種類についてご紹介します!

布オムツには、下記の3種類があります。



  1. 輪オムツ
  2. 反物オムツ
  3. 成形オムツ


1つずつみていきましょう!



布オムツの種類:①輪オムツ

1つめは輪オムツについて。

輪オムツとは、すでに仕立て上げられいるオムツのことです。



メリット・デメリットは以下の3つ。

  1. 仕立て済みのため、すぐに使える
  2. 速乾性がある
  3. 折りたたむ手間がかかる


また、輪オムツは自分の好きな折り方で調整できるのもポイント。

さらに、すぐに乾くため、雨の日はとくに助かります!



ちなみに、輪オムツでオーガニックコットンを使用した商品もあります。

素材にとことんこだわりたいママは、是非チェックしてみて!



布オムツの種類:②反物オムツ

2つめは反物オムツについて。

こちらは、先ほど説明した輪オムツと同じ形ですが、大きな違いは、仕立てられていない状態ということです。



メリット・デメリットは以下の3つ。

  1. 速乾性があるので、すぐに乾く
  2. 自分で仕立てる必要がある
  3. 折りたたむ手間がかかる


輪オムツと同様、好きな折り方にできるのが◎。

ただし、自分で縫いつける必要があります。



「手作りに挑戦したい!」ママは、是非一度試してみて!



布オムツの種類:③成形オムツ

最後の成形オムツは、すでにオムツの形ができているものです。



メリット・デメリットは以下の3つ。

  1. そのまま簡単につけられる
  2. 折りたたむ手間がない
  3. 乾きにくい


成形オムツは、とにかく簡単にオムツをつけることができます。

また、場所も取らないので保管にも◎。ただし、乾きにくいのが難点です。



以上の3種類をご紹介しましたが、全てメリットデメリットがあります。どれを選ぶかはママの好みで選んでみて!

ちなみに、初心者のママだと、是非オススメしたいのは、輪オムツです。



なぜなら、たたむ手間はあるものの、速乾性に優れているから。

毎日の子育てはとにかく時間との勝負。



輪オムツは、洗濯物が乾くスピードが全然違います。

夏場だと、朝干したら昼には乾いていることも。



布オムツで準備しておきたいもの5選

先ほどは、布オムツの種類について詳しく説明しました。

「布オムツを始めるにあたって、必要なものや枚数などが分からない・・・」と悩んでいるママ。お待たせしました!



こちらでは、最低限必要なものと、枚数を5つリストアップしたので、チェックしてください!

※初心者のママ向けに輪オムツで書かせていただいています。



〈布オムツで必要なもの〉

  1. 輪おむつ60枚
  2. 布おむつカバー6枚(外ベルトタイプ)
  3. 布おむつカバー6枚(内ベルトタイプ)
  4. 布おむつライナー10枚
  5. 布おしりふき10枚


上記の枚数は、洗い替えの分も含めています。

ちなみに、紙オムツと併用するママは、上記に書いてある枚数の半分を目安に考えてみてください。



一つずつ、詳しくみていきましょう!



布オムツで準備しておきたいもの:①輪おむつ

輪おむつは、洗い替えも考えると60枚あると安心です。

なぜなら、生まれたばかりの赤ちゃんは、大体1日に15~20回オムツ替えをするため。

おしっこやうんちの量は少ないので、輪おむつ1枚で大丈夫です。



赤ちゃんは大きくなるにつれて、オムツの交換頻度は減るものの、量が増えてきます。

その際は、輪おむつを2枚重ねて使用してみてくださいね。



布オムツで準備しておきたいもの:②布おむつカバー6枚(外ベルトタイプ)

次に、外ベルトの布おむつカバーです。

おむつカバーは、毎日洗う必要はないですが、汚れたらすぐに洗いましょう!



外ベルトタイプは、新生児の赤ちゃんにオススメです。

なぜなら、内ベルトタイプと違って、すぐにとオムツを替えられるから。



ただし、外ベルトタイプは、動き出すとおむつカバーがズレやすくなります。

そのため、赤ちゃんが動き出す頃までが良いでしょう。



また、新生児のベビーは、うんちが柔らかいため背中漏れをすることも。洗い替えも含めて、最低6枚は用意すると良いでしょう。

布おむつカバーも、綿・ポリエステルなど素材がさまざま。その中でも、最もオススメしたいのはウールです。



なぜなら、ウールは、とても通気性が良いからです。

また、速乾性があるのも大きな特徴。夏場は蒸れず、冬場は温かいため、年中安心して使えます。汚れ落ちも良いですよ。



布オムツで準備しておきたいもの:③布おむつカバー6枚(内ベルトタイプ)

3つめは、内ベルトの布おむつカバーです。

外ベルトタイプよりも、ズレにくいのがメリット。



ただ、外ベルトよりおむつカバーをつける手間がかかります。

使っていくうちに、徐々に慣れていくので気にならなくなりますよ!



布オムツで準備しておきたいもの:④布おむつライナー10枚

4つめは、布おむつライナーについて。

こちらは使わない人もいますが、是非オススメしたい商品です!



なぜなら、うんち洗いが劇的にラクになるから。

ライナーを洗濯板でゴシゴシするとスルンと取れますが、輪おむつだけだと、なかなか落ちません。



ライナーがあるだけでかなり時短になります!

うんちをしそうにないときやうんちのあとは、ライナーなしで大丈夫ですよ。



余談ですが、おむつライナーは、使い捨てタイプと布タイプがあります。

こちらでは布タイプをオススメしましたが、うんち洗いに抵抗があるママは、使い捨てタイプを是非使ってみてください!



布オムツで準備しておきたいもの:⑤布おしりふき10枚

5つめは、布おしりふきです。

おむつライナーと同様、使い捨てタイプもあります。繰り返しになりますが、うんち洗いに抵抗がある場合は、使い捨てを検討してみてください。



以上、5つが布オムツで準備しておきたいものです!

枚数はあくまで目安です。もしかすると、赤ちゃんによっては足りない場合も。様子を見ながら調整してくださいね!



布オムツの洗濯に便利なもの5選

次に、布オムツを洗濯するときにあると便利なものを5つご紹介します!



〈布オムツの洗濯に便利なもの〉

  1. たこ足ハンガー(輪おむつ使用者のみ)
  2. バケツ3つ
  3. 布おむつ用洗濯洗剤
  4. ゴム手袋
  5. 洗濯板


一つずつみていきましょう!



布オムツの洗濯に便利なもの:①たこ足ハンガー(輪おむつ使用者のみ)

1つめのたこ足ハンガーは、輪おむつで考えている人向けです。

輪オムツがより早く乾くたこ足ハンガー。さらに、一度に20枚も干せるというメリットも!1つあるとかなり便利ですよ。



布オムツの洗濯に便利なもの:②バケツ3つ

次に、バケツについて。バケツはホーローをオススメします。

なぜなら、臭いがつきにくく、汚れ落ち抜群だから。



また、バケツはつけ置き用に2つと、うんち洗い用に1つ用意しておくと便利です。

つけ置き用バケツは、おしっことうんちに分けてくださいね。



うんち洗い用バケツは、最後に書いた洗濯板にフィットするものがオススメ。

なぜなら、ゴシゴシと力を入れて洗いやすいからです。深めのバケツよりも、浅めが洗いやすくて良いでしょう。



布オムツの洗濯に便利なもの:③布おむつ用洗濯洗剤

3つめは、布おむつ用洗濯洗剤について。

つけ置きするときにも使えてオススメなのが、セスキです。洗濯だけでなく、台所などにも使えますよ!



ほかにも赤ちゃん用洗剤などもありますが、汚れ落ちが弱い可能性も。

また、無添加石鹸もオススメです。



なぜなら、赤ちゃんのお肌はデリケートだから。

そのため、直接肌に触れる布おむつは、できるだけ優しい洗剤を使いたいですよね。



布オムツの洗濯に便利なもの:④ゴム手袋

4つめは、ゴム手袋です。

うんち洗いや、つけ置きおむつを直接手で触ると、手荒れを起こすことも。ゴム手袋は必須です!



布オムツの洗濯に便利なもの:⑤洗濯板

最後の洗濯板は、うんち洗いで大活躍します!

また、赤ちゃんのスタイや離乳食の汚れなどにも使えますよ。さらに、泥汚れなどのポイント洗いができるので、1つあると重宝します!



以上の5つは、用意しておくと安心で便利です!

布オムツは初期費用がとにかく高い。



ただし、紙オムツよりはるかに節約できます!

さらにお肌にも優しい。オムツはずれが早いという声も!布オムツは良いところづくしですよね。

まとめ

布オムツは、紙オムツ使用者よりもかなり少ないです。それでも、「布オムツを使ってみたい!」と考えるママもいます。

それは、子どものためではないでしょうか?



赤ちゃんに、少しでも心地よいものを使ってほしい。

ただし、布オムツは手間ひまかけるものです。無理は禁物。



子育てでシンドイときは、休めることも一つの手です。

また、今回は子育てで忙しいママでも、布オムツを始めやすいように、より便利なものをご紹介しました。



子どもとの時間はかけがえのない時間。オムツ交換も人生のうちでたった数年ですよね。

今しかない子育てを布オムツを取り入れて、是非楽しんでみませんか?





コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!



にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング

最新情報をチェックしよう!