保育園と幼稚園どっちに通わせる?今さら聞けない!大きな5つの違い

そろそろ子どもを預けたい!保育園と幼稚園、どちらの施設に子どもを預けるべきか迷っているママはいませんか?

保育園・幼稚園の違いや特徴を理解することで、ベストな選択ができるでしょう。



でもそもそも保育園と幼稚園の違いって何?今さら聞けない・・・

そんなあなたに、保育園と幼稚園の違いから選択の基準までをお伝えしていきます。



保育園と幼稚園、大きな5つの違い

なんとなくは分かっているつもりではあるけど・・保育園と幼稚園にはっきりした違いはあるの?

保育園と幼稚園、子どもを預ける施設という点は同じですが、大きく分けて5つの違いがあります。



保育園と幼稚園の違い:①管轄

国の中でも、管理をしている所轄に違いがあります。



  • 保育園→厚生労働省
  • 幼稚園→文部科学省


「子どものための施設でしょ?同じ管轄でもいいじゃない。」

確かに、”子どもを預かる”という面から見ると同じ役割を持つ施設だと思われがちな保育園と幼稚園。



実は、それぞれ違う役割を持っているため、管轄や法律などが違っているのです。



保育園と幼稚園の違い:②役割

先ほどお話した通り、保育園・幼稚園は違う役割があります。

何となく、保育園は子どものお世話をしてくれて、幼稚園ではちょっと教育的なことをする、みたいな感覚はありますよね。



  • 保育園→保育を必要とする子どもの保育を行なう”児童福祉施設”
  • 幼稚園→子どもの健やかな成長のために教育を行なう”教育施設”


保育園は子どもの保育をする役割で、幼稚園は子どもの教育をする役割という決定的な違いがある、ということです。



保育園と幼稚園の違い:対象年齢

保育園と幼稚園は、根本的な役割の違いがあるのは分かったけど、具体的にはどんな違いがあるの?

お預かりできる子どもの年齢も違います。



  • 保育園→0歳から小学校入学前まで
  • 幼稚園→3歳児から小学校入学前まで


どちらも上限は小学校に入学する前までの子どもです。

保育園は0歳から預かってもらうことができます。



注意したいのは、生後何ヶ月からならOKなのか、ということ。

基本的には生後2ヶ月から受け入れてくれるところがほとんどですが、施設によっては4ヶ月や6ヶ月以降などと決まっている場合があるため、事前に確認が必要ですね。



保育園と幼稚園の違い:④保育時間

時間も保育園・幼稚園を決めるための重要なキーポイント。



  • 保育園→7時〜18時ごろまで(平均約8時間)
  • 幼稚園→9時〜14時ころまで(平均約4時間)


幼稚園でも預かり保育をやっているところもあるため、あなたのお住まいの近くの幼稚園も確認してみると良いでしょう。



保育園と幼稚園の違い:⑤保育料

実際の保育料にはどのくらいの差があるの?

一番気になるポイントではないでしょうか。



2019年10月より始まった幼児教育・保育の無償化。

ここでは、この制度によって保育園・幼稚園の保育料はどこまで無償化されるのか見ていきましょう。



  • 保育園→3〜5歳児の利用料が無料。0~2歳児は住民税非課税世帯に限り無償。
  • 幼稚園→3〜5歳児の利用料が無料。


こう見ると、3〜5歳児に関してはそんなに変わらない?!と思いますよね。

実は、幼稚園は例外も。



2015年に始まった子育て支援新制度の非対象の施設だと、月額25700円までの補助となります。

ちなみに認可外保育園だと、補助は全額でなく月額37000円まで。



また、この制度で無償になるのは、利用料のみ。



通園送迎費、食材料費、行事費等は無償対象外。

ご家庭の就労状況や自治体によっても変わってきますので、事前に確認が必要ですね。



保育園と幼稚園、それぞれのメリット・デメリット

とはいえ、保育園と幼稚園では実際の保育内容はどう違うの?預けた後のことが知りたい・・

ここでは、保育園と幼稚園のメリットとデメリットについてご紹介します。



保育園のメリット、デメリット

働くママや、共働きのご家庭の強い味方となる、保育園。

どんなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。



●保育園のメリット

  • 子どもがのびのび過ごすことができる
  • トイレトレーニングをしてくれる


●保育園のデメリット

  • 教育的なカリキュラムがない
  • 他のママ達と話す機会がない


保育時間が長い分、子どもが好きな遊びをじっくり楽しんだりお友達と公園で遊んで、のびのび過ごすことができる印象ですよね。

また、子育てをするママたちの大きな悩みの1つでもある、トイレトレーニング。



1歳児からトイレの便座に座ったり、定期的にトイレに連れて行ってくれる。

保育士さんと協力しながらトイレトレーニングをできるのは、忙しいママにとって大きな支えになるようです。



のびのびと過ごすことができる一方で、就学前の指導や教育カリキュラムがあまり多くない保育園。

小学校に上がった際に授業になるとじっと座っていられない、というのもよく聞く話です。



同じ保育園に通うママ達と仲良くしたい!と思っていたのに、お迎えの時間がバラバラなので全然話す機会がない・・・保育園だとお迎えの時間が決まっているわけではないので、仲良くなるのは難しいかもしれません。

煩わしい人付き合いが無い方が良い、という方には返ってメリットになりますね。



幼稚園のメリット・デメリット

行事が多く、子ども達にとっても色々な経験ができそうな幼稚園。

幼稚園にもメリットがある反面、デメリットもあるようです。



●幼稚園のメリット

  • 行事が多く、メリハリのある生活ができる
  • 集団行動ができるようになる


●幼稚園のデメリット

  • あっという間にお迎えの時間が来てしまう
  • 園指定の制服やカバンを購入するため、費用がかかる


幼稚園は、保育園よりも積極的に教育的なカリキュラムを取り入れているため、行事も多い傾向が。

体操教室やお習字などに加え、行事の準備も・・・ですが、大人にとって忙しそう!と思うことも、子どもにとってはどんなことも楽しいイベントの一つとなります。



クラスの人数も20〜30人程度と多いため、集団行動にも慣れているのが幼稚園児。

小学校に入った際に、スムーズに生活できることが多いようです。



ただ、保育時間の平均が約4時間と短いので、子どもを送って家事をしていたらもうこんな時間!とあっという間に迎えの時間が来てしまうという声も。

また、幼稚園だと、制服やカバン、体操服など園指定の物を購入する必要があるためお金がかかる…他にも、卒園のための積立金があったり、行事の衣装代がかかってしまい保育園に比べると出費が多くなる傾向にあります。



まとめ

それぞれの特徴は分かったけど、結局保育園と幼稚園のどっちに預けるべきか、教えて!

最後に、保育園と幼稚園の違いや特徴についてまとめて、どのような判断基準で選択をしたら良いかお伝えしていきます。



  • 「管轄」「役割」「対象年齢」「保育時間」「保育料」が違う
  • 保育園は「子どもがのびのび過ごすことができる」「トイレトレーニングをしてくれる」
  • 幼稚園は「行事が多く、メリハリのある生活ができる」「集団行動ができるようになる」


以上を踏まえた上で、「あなたのご家庭の状況」「家庭としての教育観」がポイントになります。

どんな子どもに育ってほしいか、時間帯や保育料などどのくらいであれば負担がかからないか、などを基準に、子どもにとってもあなたにとってもベストな選択をしましょう!





コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!



にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング

最新情報をチェックしよう!