パズルは何歳から?教え方のコツとおすすめのパズルを年齢別にご紹介

「パズルは何歳から始められるの?」

「パズルはどうやって教えたらいいの?」

 

この記事は、そんなあなたへ向けて書いています。

 

はじめまして。フリー保育士の 田崎 愛香(たさきあいか)と申します!

ママと子のしあわせを目指す現役のベビーシッター/子育てアドバイザーとして、東京都を中心に活動中です。

 

パズルは、いつから遊べるのでしょうか?

結論からお伝えすると、1歳頃から始められます。

 

今回は、パズルの教え方のコツとおすすめのパズルを年齢別にご紹介していきます。

 

保育歴10年以上の経験を活かしたお話もしていこうと思っていますので、楽しみにご覧くださいね。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

*ブログにはない子育てのヒントが詰まった無料ノウハウはこちら

 




 

 

パズルは何歳から?

パズルは何歳から始められるのでしょうか?

冒頭でもお伝えしましたが、1歳頃から始めることができます。

 

詳細は、下記の関連記事でご紹介していますので、良ければご覧くださいね。

 

*関連記事:「パズルは何歳から遊べる?パズルがもたらす絶大な効果とは

 

パズルの教え方

先ほどは、「パズルは何歳から?」についてお伝えしました。

「いざ、パズルデビュー!」と意気込んでも、子どもは遊び方が分からずすぐに飽きてしまう・・・。

 

そんなときは、どのようにパズルを教えるのが良いのでしょうか?

こちらでは、子どもが楽しめるパズルの教え方を3つご紹介します。

 

  1. 見本をみせる
  2. 一緒にはめる
  3. 考えてはめる

 

一つずつ、詳しくご説明しますね!

 

パズルの教え方:①見本をみせる

初めて手にするおもちゃは、どのようにして遊べばいいのか分からないことが多いです。

そのため初めてパズルで遊ぶ際には、ぜひママも一緒にパズル遊びをしてみましょう。

 

はじめは、「子どもにパズルの見本をみせる」ことから行います。

ママが率先してピースをはめる姿を見せることが、パズル遊びの楽しさを伝えていくことにつながりますよ。

 

パズルの教え方:②一緒にはめる

子どもにパズルの見本をみせたら、次は好きなところへ一緒にピースをはめてみましょう。

初めてでピースを合わせることが難しい場合は、ママが率先してピースをはめてみてください。

 

子どもと一緒にピースの形や色を見て、ピースをはめ込む練習を繰り返し行っていきましょう。

 

初めてピースがピッタリ合ったときや、完成したときの達成感は大きく、子ども自身も嬉しい気持ちでいっぱいになるものです。

そのときは、ぜひママが子どもをギュッと抱きしめ、気持ちの共有をしてみてくださいね。

 

パズルの教え方:③考えてはめる

子どもと一緒にピースをはめ慣れてきたら、次はピースをはめる場所を一緒に考えてみましょう。

初めてのパズルでは一人で考えても難しく、離脱してしまうことが多いです。

 

そのため、子どもが一人でできるようになるまでは、ママも一緒に考えて遊ぶことをおすすめします。

 

絵や形からどこに当てはまるかを考えピースがハマる感覚を覚えてくると、「パズル=楽しい」という感情が芽生えてきます。

ここまでくれば、一人でも黙々と取り組む様子も見られてくるでしょう。

 

お子さんが遊びに集中しているときはそっと見守り、あなたを必要とした際にはサポートしてあげてくださいね。

 

パズルの教え方:~番外編~

子どもとパズルを楽しむコツや注意点として、以下の3つがあげられます。

 

  1. 子どもが集中してるときは見守る
  2. 慣れないうちは親子で楽しむ
  3. 誤飲に気をつける

 

①子どもが集中して考えているときは、無理に話しかけず考える時間を与えてみると良いでしょう。

 

②「パズルの教え方①」でもお伝えしましたが、初めてパズル遊びをするときは遊び方が分からず、戸惑うことがあるかもしれません。

そのため、子どもがパズル遊びに慣れるまではママも一緒に遊んでみましょう。

 

③2歳頃までは、パズルの誤飲に注意が必要です。

 

おすすめのパズル~年齢別にご紹介~

「パズルは何歳から始められるのかと、パズルの教え方のコツは分かった。」

「パズルを購入したいけど、種類が多くて何を選んだらいいのか分からない!」

 

パズル選びに困っているママへ。

こちらでは、おすすめのパズルを年齢別にご紹介します。

 

【1~2歳】

型はめパズル・木製パズル

【3~4歳】

ジグソーパズル・立体パズル

【5歳】

地図パズル・マグネットパズル

 

一つずつ、詳しくみていきましょう!

 

おすすめのパズル:~1・2歳~

1・2歳は、ピースの数が少ない型はめパズルや木製パズルがおすすめです。

型はめパズルや木製パズルはピースの数が少ない分、大きいピースが多いので、誤飲の心配がないですよ。

 

商品の詳細は、下記をご覧ください。

 

おすすめのパズル:~3・4歳~

3・4歳は、ピースの数が少ないと物足りないと感じることがあるかもしれません。

そんなときは、少しピースの多いジグソーパズルがおすすめ。

 

ジグソーパズルに飽きてきた場合は、立体パズルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

立体パズルはその名の通り立体的なパズルで、平面のパズルのように絵柄が決まっていないので、色んな角度から自分の好きな形を作ることができます

 

難易度が少し高くなりますが、一度ハマった子どもはとことんハマること間違いなしですよ。

 

商品の詳細は、下記をご覧ください。

 

おすすめのパズル:~5歳以降~

5歳以降には、さらに難易度の高い”地図パズル”などがおすすめ。

地図がパズルになっていることで、子どもはピースをはめながら都道府県の形を自然と記憶していくので知育遊びにもなります。

 

3・4歳でおすすめした立体パズルに興味のあるお子さんには、立体パズルと似たマグネットパズルに挑戦することも一つの手ですよ。

マグネットパズルは立体パズルと同様に、色んな角度から形を作ることができる自由自在なパズルです。

 

商品の詳細は、下記をご覧ください。

 

まとめ

今回は、「パズルは何歳から?」、「パズルの教え方」、「おすすめのパズル~年齢別にご紹介~」についてご紹介しました。

パズル遊びは、子どもの知育遊びの一つ。

 

なぜなら、パズルは思っている以上に脳を使う遊びだからです。

脳をたくさん刺激し活性化することは、子どもの成長にとって大切なことです。

 

パズルデビューが早ければ早いほど良いとされてはいますが、それは同時に教える側にも根気強さが必要になることを意味します。

月齢が低いお子さんは、新しいおもちゃに興味を示してもすぐに長時間遊べるわけではありませんね。

 

しかし、少しずつでもたまにでも、パズルをとり出して一緒に行っていけば、月齢と共に急に興味を示したりできるようになったりしていきますよ。

それが目に見えるまでは少し時間を要するかもしれませんが、ぜひ、お子さんと一緒にパズル遊びをする機会を作ってみてくださいね。

 

はじめて一人でできた時の感動は、あなたにも味わっていただきたいほど嬉しいものです。

 

 

 

 

 

コチラも↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング


 

最新情報をチェックしよう!