ファーストシューズはいつからいつまで?正しい靴選びのキホン3選!

「子どものファーストシューズはいつまで履けるの?」

「ファーストシューズの選び方が分からない!」

 

子どもにとって初めての靴。

子どもが初めて履く一足目は、とくにこだわりたいですよね。

 

「でも、靴の種類が多くて何が良いのか分からない!」というあなた。

 

ファーストシューズはデザイン重視ではなく、子どもの履き心地の良いものを選ぶことがポイントです。

それでは履き心地の良い靴とは、一体どのような靴なのでしょうか?

 

そこで今回は、ファーストシューズを買う時期や、正しい靴選びのキホンを簡単にご紹介します。




ファーストシューズとは

ファーストシューズはいつからいつまで履くものなのでしょうか?

そもそもファーストシューズとは何なのでしょうか?

 

ファーストシューズとは、子どもが初めて履く靴のことです。

子どもにとって初めての一足は、ママと子どもの記念になるもの。

 

せっかく買うなら、子どもに良い靴を履かせたいですよね。

まず、こちらでは下記の3つをご紹介します!

 

  • ファーストシューズを履く目安
  • ファーストシューズを履く期間
  • ベビーフィートとの違い

 

詳しく説明していきますね!

 

ファーストシューズとは~履く目安~

「そろそろファーストシューズを履かせようかな」と考えているあなたへ。

購入する前に是非確認してほしいのですが、お子さんはもう歩いていますか?

 

歩いていないお子さんは買う時期をずらしても良いかもしれません。

なぜなら、1歳前後の子どもの足は急成長するため。

 

子どもの靴はあっという間にサイズアウトします。

ファーストシューズを購入する目安は、お子さんが10歩程度歩けるようになったとき。

 

よちよち歩きの子どもは、靴を購入する良いタイミングでしょう。

 

ファーストシューズとは~履く期間~

では、ファーストシューズを履く期間はどのくらいなのでしょうか?

なんと、ファーストシューズを履いている期間はたった3ヶ月です。

 

ファーストシューズを履く子どもの月齢は、早い子だと10ヶ月からで、1歳前後の子が多いです。

この頃の子どもは、とにかく成長が早くあっという間に大きくなります。

 

ファーストシューズとは~ベビーフィートとの違い~

つかまり立ちやつたい歩きをしているお子さんには、ベビーフィートがおすすめです!

ベビーフィートとは、通称「靴下靴(くつしたくつ)」と呼ばれるものです。

 

名前の通り、靴と靴下がくっついたもの。

底部分がラバー素材になっているため、滑りにくいのが特徴です。

 

また、ファーストシューズよりも軽いので、もうすぐ歩きそうな子やよちよち歩きの子にはとくに良いでしょう。

 

正しい靴の選び方

先ほどは、ファーストシューズはいつまで履けるのかについてお伝えしました。

こちらでは、正しい靴の選び方をキホンをご紹介します。

 

  1. つま先があがっている
  2. かかと部分がしっかりしている
  3. 軽くて柔らかいもの

 

一つずつ、詳しくみていきましょう!

 

正しい靴の選び方:①つま先があがっている

子どものファーストシューズは、つま先があがっているものをオススメします。

なぜなら、歩き始めたばかりの子どもは、ペンギンのようにぺたぺたと足全体で歩くため

 

つま先があがっていることで、子どもの転倒防止にもつながりますよ。

 

正しい靴の選び方:②かかと部分がしっかりしている

歩き始めの子どもの足はまだ柔らかいです。

そのため、かかと部分がしっかりとしている靴を選んでください。

 

かかと全体がしっかりしていると、より靴がフィットし歩きやすくなりますよ。

 

正しい靴の選び方:③軽くて柔らかいもの

先ほどもお伝えした通り、歩き始めの子どもの足は柔らかいので、子どもに負担が少ない軽い靴が良いでしょう。

また、子どもの足にフィットしやすい柔らかい靴がオススメ。

 

以上の3つが、ファーストシューズの正しい選び方のキホンです。

 

「子どもの初めての靴はカワイイものを履かせたい!」

というあなたの気持ちはすごく分かります。

 

ただ、ファーストシューズは、デザイン性だけではありません。

大切なのは、子どもにとって履き心地の良い靴かどうか

 

是非、お子さんの足に合う靴を履かせてみてくださいね。

 

正しい靴の履き方

ファーストシューズはいつまでも履けるものではありません。

先ほどから何度かお伝えしていますが、子どもの成長は目まぐるしいスピードです。

 

たったの数ヶ月しか履かないファーストシューズ。

ですが、靴の選び方だけでなく、履き方も重要なのです!

 

ここでは、ファーストシューズの正しい履き方を3つお伝えします。

 

  1. 子どもの足のサイズよりも+1cm
  2. かかとにフィットさせる
  3. マジックテープでしっかり留める

 

一つずつ、ご紹介しますね!

 

正しい靴の履き方:①子どもの足のサイズよりも+1cm

靴のサイズは、子どもの足よりも1cm大きめのサイズがおすすめです。

理由としては、子どもの体重と靴下の厚みがあるから。

 

靴は子どもの全体重を支えると、少し足のサイズが大きくなります。

さらに靴下の厚みを考えると、ゆとりのある靴が良いでしょう。

 

正しい靴の履き方:②かかとにフィットさせる

子どもに靴を履かせるときは、かかと部分をしっかりとフィットさせることがポイントです。

子どものつま先に合わせるのではなく、かかとに合わせることで、子どもはより歩きやすくなります。

 

正しい靴の履き方:③マジックテープでしっかり留める

1歳前後の子どもは動きが活発な時期なので、靴のマジックテープが緩くなることがあるかもしれません。

マジックテープが緩いと靴がフィットしないため、子どもが転倒する恐れがあります。

 

子どものマジックテープは、しっかりと留めてあげてくださいね。

 

正しい靴の履き方~番外編~

番外編では、靴の選び方について簡単にお伝えしていきます。

 

種類豊富なファーストシューズ。

いざ靴を目の前にすると、どれを選んで良いか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

そこでオススメなのが、店員さんに子どもの足を測ってもらうことです。

サイズや足に合う靴を、プロがしっかり教えてくれるので安心ですよ。

 

オススメのファーストシューズは、ランキング形式で載っているサイトもありますので、そちらも参考にされてくださいね。

 

まとめ

今回は、「ファーストシューズはいつからいつまで履けるのか?」「ファーストシューズの正しい選び方と履き方」についてご紹介しました。

子どもが初めて履く靴はママと子どもの想い出になります。

 

子育ての楽しみの一つでもある子どものファーストシューズ選び。

ママが納得する一足が見つかりますように。

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング

 




最新情報をチェックしよう!