1歳過ぎても歩かない我が子・・・一人歩きする3つのキッカケとは?

「1歳のお誕生日を迎えたけど、我が子はまだまだ歩く気配すら見せない。」

「ママ友の子どもは、10ヶ月で一人歩きしたのに・・・」

 

子どもが、1歳過ぎてもなかなか歩かず、ついつい気持ちが焦ってしまうママへ。

 

結論から先にお伝えすると、1歳を過ぎて歩かなくても大丈夫です!

なぜなら、個々で成長は異なるから。市販の育児本には歩き始めの目安の月齢が書かれていますが、それはあくまでも目安です。

 

一人として同じ成長を示す子どもはいませんので、それを頭には入れておいてくださいね。

今回は、子どもが一人歩きする3つのキッカケをお伝えします!

 




 

一人歩きはどのくらいから始まるものなの?

1歳過ぎても、なかなか歩かない我が子。

早い月齢だと、なんと生後10ヶ月で一人歩きしたというお子さんもいます!

 

周りの子どもが歩き出しているのに、我が子だけ歩いていないとより不安になりますよね。

そもそも、子どもはいつから一人歩きをするものなのでしょうか?

 

厚生労働省のデータによると、

【1歳3ヶ月~4ヶ月未満の子どもの一人歩きは90%以上ができる】とのこと。

参考文献:厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査

 

裏を返せば、1歳4ヶ月未満の子どものうちの約1割は、まだ一人歩きしていないということです。

1歳過ぎた頃の子どもは、まだ歩いていなくても問題なさそうですよね。

 

むしろ、1歳未満で歩いている赤ちゃんがいることのほうが珍しいかもしれません。

 

子どもが歩かない原因

「1歳過ぎても歩かない・・・。」

そんな子どもが歩かない原因は何かあるのでしょうか?

 

原因としては、以下の3つがあります。

 

  1. 子どもが慎重な性格
  2. 歩くための身体機能がまだ整っていない
  3. ハイハイや抱っこが好き

 

一つずつ、詳しくみていきましょう!

 

子どもが歩かない原因:①子どもが慎重な性格

歩かない原因の一つは、子どもが慎重派なのかもしれません。

子どもの性格はそれぞれなので、焦らず見守ってみてください。

 

子どもが歩くことに興味を持ったら、自分から「歩きたい!」という意志を伝えてくるでしょう。

 

子どもが歩かない原因:②歩くための身体機能がまだ整っていない

1歳過ぎても歩く気配がない子どもは、一人歩きするための身体機能が、まだ十分に整っていないことがあります。

なぜなら、子どもの成長過程はみんなバラバラだから。

 

大切なのは、周りのお子さんと我が子を比べないことですよ。

 

子どもが歩かない原因:③ハイハイや抱っこが好き

子どもが歩かないのは、ハイハイや抱っこが好きで居心地が良いこともあります。

そんなときは、子どもを自由にハイハイさせてみて!

 

もちろん、抱っこを求めてくるときは、ママが抱っこしてあげてくださいね。

 

一人歩きする3つのキッカケ作り!

先ほどは、子どもが1歳過ぎても歩かない原因をお伝えしました。

ここでは、一人歩きする3つのキッカケ作りをご紹介します!

 

  1. ダンボール箱など押して歩く練習をする
  2. 子どもと一緒にハイハイをする
  3. ママが子どもの両手を持って一緒に歩く

 

一つずつ、詳しくみていきましょう!

 

一人歩きする3つのキッカケ作り:①ダンボール箱など押して歩く練習をする

ダンボール箱などを押して歩くことは、つたい歩きを始めているお子さんにはとくに必見です!

何か物を触りながら歩く練習は、一人歩きの第1ステップ!

 

歩くことへの興味付けになるかもしれませんね。

 

一人歩きする3つのキッカケ作り:②子どもと一緒にハイハイをする

ハイハイが大好きなお子さんには、ママも一緒にハイハイをしてみてください!

ハイハイで追いかけたりすることで、歩くことに必要な足腰が鍛えられます。

 

実はハイハイは、全身運動なので、歩き始めてからの身体の発達においてもとても重要なもの。

ハイハイ期が長いお子さんの方が、身体の筋肉が発達しバランスが安定するとも言われています。

 

一人歩きする3つのキッカケ作り:③ママが子どもの両手を持って一緒に歩く

つかまり立ちやつたい歩きをしているお子さんは、歩くことに少し興味を持っているのかもしれません。

そんなときは、ママが子どもの両手を握って一緒に歩いてみて!

 

「いっちに、いっちに!」と声かけると、歩くタイミングがわかりやすいので、より効果的ですよ。

 

まとめ

今回は、1歳過ぎてもなかなか歩かない子どもの原因や、歩くことへのキッカケ作りについてお伝えしました。

何度かお伝えしていますが、子どもが歩かなくても、ママの気持ちが焦らないことが大事。

 

ママが温かく見守ることで、子どもの気持ちは安心します。

 

また、一人歩きは本人のやる気次第でもあります。

子どもが歩きたくなったときは、急に歩き出すかもしれません。

 

そして初めて一人歩きしたときは、沢山子どもに言葉をかけてみてください。

子どもは「また歩きたい!」という気持ちが大きくなるでしょう。

 

最後になりますが、子どもはいずれ歩きます。

 

子どもの歩き出すタイミングを気長に待ってみましょう。

我が子が初めて歩く瞬間は、育児の楽しみの一つでもあります。

 

そして、子どもの「初めて」は、毎回感動するものです。

そのときが来るまで是非、楽しみに待っていてくださいね♪

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング

 




最新情報をチェックしよう!