歯固めって何?どんな時に必要?メリットと選び方のポイント5選!

「赤ちゃんの歯固めはどんな時に必要になるの?」

「歯固めを使うメリットは?」

「どんな種類のものがあるのか知りたい!」

 

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

はじめまして。東京でベビーシッターをしている、あいか と申します。

福島県の村育ちで、短大卒業後、保育士として働き始めました。現在はフリーでベビーシッター及び子育てに携わる事業をしております。

 

ベビー用品店などでよく目にする赤ちゃんの歯固め。

ママにとっては知っておきたいアイテムの一つですよね。

 

今回は、歯固めを使うメリット・選び方のポイントをご紹介します。

保育歴10年のプロならではの視点で、他にはないようなお話もしていこうと思っています。

 

ぜひ歯固めを買う時の参考になれば幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

 

*おすすめ記事:子どもを育てる前にあなたに必要なたった一つのこと




そもそも歯固めとは?

「歯固めって良く耳にするけど、どんなもの?」

「おしゃぶりとは別物?」

 

と疑問に思いますよね。

まずは歯固めについて詳しく解説していきます。

 

歯固めとは

歯固めとは、赤ちゃんが噛んで遊べるおもちゃのことです。

新しい歯が生えてくると、かゆい・ムズムズするなど、口の中で不快な症状が出てしまい、ぐずってしまう赤ちゃんも。

 

歯固めを噛むことでその不快感を解消するという効果があります。

もともと、お食い初めの儀式(生後100日のお祝い)で使われる、健康で丈夫な歯が生えてきますようにという願いが込められた「歯固め石」が起源と言われています。

 

歯固めとおしゃぶりとの違い

歯固めとおしゃぶりは使用する目的が違います。

 

おしゃぶりは、ママのおっぱいを飲む時の口の形に近くなるよう作られています。

そのため、赤ちゃんがくわえるとおっぱいを吸っている気分になり、精神的に安定するという効果があります。

 

しかし、歯が生えてきてからも長期間おしゃぶりを使い続けると、将来の歯並び・噛みあわせなどに悪影響が出てしまうこともありますので使用には注意が必要です。

 

一方歯固めは、上記でも解説したように、歯が生えてきた時に出る不快感を解消することが目的なのでおしゃぶりとは別物になります。

 

歯固めのメリット

「歯固めを使うとどんなメリットがあるの?」

赤ちゃんが歯固めを使うとどんな効果があるのか気になりますよね。

 

ここからは、歯固めのメリット

  1. 食べ物を噛む練習になる
  2. 歯や歯茎の発育促進
  3. 歯磨きのトレーニングになる

 

以上の3点をご紹介していきます。

 

歯固めのメリット:①食べ物を噛む練習になる

早くて生後5~6ヶ月頃には離乳食が始まります。

生まれてからミルクや母乳で成長してきた赤ちゃんは、初めは上手く噛むことができません。

 

そこで、役に立つものが歯固めです。

普段から使用することで食べ物を噛むトレーニングに繋がりますよ。

 

上手にカミカミして、たくさん食べてくれるようになればスムーズに離乳食のステップアップが出来るので、ママとしてはとても嬉しいメリットですよね。

 

歯固めのメリット:②歯や歯茎の発育促進

歯固めを噛むことで顎の骨・筋肉の発達を促進したり、歯茎が適度にマッサージされ、歯の成長をスムーズに促したりする効果があります。

 

歯固めのメリット:③歯磨きのトレーニングになる

歯が生え始めた時が歯磨きスタートの合図。

歯固めでカミカミしたあとに赤ちゃん用の歯ブラシで仕上げ磨きをすると歯磨きのトレーニングになりますよ。

 

「お口の中がきれいになって気持ちいいね」と優しく声をかけ、磨いたあとは「ちゃんと磨けたね」と声を掛けてあげましょう。

 

歯固めを選ぶ時のポイント5選

「どんな歯固めを選べばいいの?」

「何を目安に買ったらいいのか分からない」

 

歯固めにもたくさんの種類がありますので、迷ってしまいますよね。

ここからは歯固めの選び方のポイントを5つご紹介いたします。

 

  1. 素材で選ぶ
  2. 安全性で選ぶ
  3. 対象年齢で選ぶ
  4. デザインで選ぶ
  5. お手入れが簡単な物を選ぶ

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

歯固めを選ぶ時のポイント:①素材で選ぶ

歯固めにはいろいろな素材のものがあります。

 

  • シリコン素材
  • 木製素材
  • プラスチック素材
  • エラストマー素材
  • お米素材

 

その商品によって触った感じや質感が違いますので、実際に手にとって選ばれることをおすすめします。

 

歯固めを選ぶ時のポイント:②安全性で選ぶ

歯固めは赤ちゃんが口に入れるものなので、安全性は重視したいですよね。

できるだけ、安心素材を使っている・危なくないデザインや形状のものを選ぶようにしましょう。

 

商品によっては尖っていたり、棒状になっているものもあります。

そのような歯固めは赤ちゃんが喉をつかないように見守り、注意しましょう。

 

歯固めを選ぶ時のポイント:③対象年齢で選ぶ

商品のパッケージや箱には、対象年齢が記載されています。

 

「3ヶ月~」「3m~」「3+months」などと商品によっては記載の仕方はさまざま。

悩んだ時は選ぶ時の目安にしてみてください。

 

ただし、記載されている対象年齢になっていたとしても、物を握ることが苦手だったり、初めてのものを嫌がったりする赤ちゃんもいます。

その場合、対象年齢はあくまで参考程度に考えて、あなたの赤ちゃんの成長具合を見極めて選んであげましょう。

 

歯固めを選ぶ時のポイント:④デザインで選ぶ

赤ちゃんが喜ぶ工夫がたくさんされている歯固めには、色々なデザインのものがあります。

音が鳴る・果物や可愛い動物の形など、噛む以外にも楽しめるものが人気ですよ。

 

歯固めを選ぶ時のポイント:⑤お手入れの簡単な物を選ぶ

歯固めは赤ちゃんが口に入れるものなので、きれいにしておきたいですよね。

お手入れが簡単に出来れば、ママもストレスを感じることなく衛生的に使用できます。

 

おすすめは、電子レンジで消毒可能なものや、食器洗い乾燥機で洗うことが出来るものです。

参考に選んでみてくださいね。

 

まとめ

今回は赤ちゃんの歯固めについてご紹介しました。

簡単にまとめていきましょう。

 

  1. 食べ物を噛む練習になる
  2. 歯や歯茎の発育促進
  3. 歯磨きのトレーニングになる

     

    1. 素材で選ぶ
    2. 安全性で選ぶ
    3. 対象年齢で選ぶ
    4. デザインで選ぶ
    5. お手入れが簡単な物を選ぶ

     

    歯が生え始める大切な時期に大活躍する歯固め。

    必ず必要なアイテム!というわけではありませんが、使うことでメリットがたくさんあるので一度試してみてはいかがでしょうか?

     

    ぜひ今回の記事を参考に、あなたの赤ちゃんに合った歯固めをみつけてみてくださいね。

     

     

     

    あなたは今、ココロの底から幸せを感じられていますか?
    先の見えない子育てや今の生活に、苦しんではいませんか?
    そう感じている方は、コチラ↓をご覧ください。

     

     

    コチラも↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

    にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
    にほんブログ村


    育児・アドバイザーランキング




    最新情報をチェックしよう!