保育園用の服はたくさん必要?知らないと後悔しちゃう服選びのコツ

「保育園で着る服ってたくさん用意した方がいいの?ダメな服があるって本当?」

と、疑問に思ってたどり着いたあなたの為の記事です。

 

結論、保育園に通うお子さんは本当にたくさん着替えます!

お外遊び、ご飯の時など、お子さんの服が汚れることが多いのです。

 

ですので、お子さんの服はたくさん用意しましょう!

保育園から「お着替え用の服は3~4セットは最低用意しておいて下さい」と指定されることもあるくらいです。

 

だからといって、ただ闇雲に大量に服を買うのはちょっと待って下さいね

服なら何でも良いという訳ではないのです。

 

そこで今回は、

 

  • 保育園でOKな服、NGな服
  • たくさんの服をどこで買うのか
  • 季節ごと、年齢ごとに必要な服
  • 名前つけのポイント

 

の4つをお伝えしていきます!




保育園用にたくさん買う前に!抑えておくべきポイント

「保育園に着せていく服、着替え用の服はどんなものがいいの?どのくらい必要?」

抑えておきたいポイントは下記の3つだけです↓

 

  1. 安全な服を選ぶ
  2. NGな服があるのを知る
  3. 用意するべき服の数は最低『保育園指定2セット』

 

それぞれ解説していきますね。

 

①安全な服を選ぶ

保育園に着ていく服、お着替え用の服を購入する際は以下の3つを意識しましょう。

 

  • 安全
  • 動きやすい
  • 着やすい、脱ぎやすい

 

服は伸縮性のあるもの、丈夫なものを選ぶと良いですよ。

保育園で過ごすお子さんは、とっても良く動くので気づいたら穴が空いていたり・・・

 

また、お外遊びなどで汚れることが多いです。

汚れてしまって残念な気持ちになるようなオシャレな服は避けた方が良いでしょう。

 

②NGとされる服があるのを理解する

保育園によっては『お子さんの安全面から避けるべき服がある』ということを理解しておきましょう。

保育園でNGとされるのはこのような服です↓

 

  • タイツ
  • 紐付き
  • フード付き
  • スカート(レギンスを履けば良い場合もある)

 

など。

どんな服がNGなのか、直接保育園に前もって確認しましょう

 

もし可能なら、事前に見学に行くことをオススメします。

どんな服を来ているか、実際に通っているお子さんの服装を参考にすると分かりやすいです。

 

③用意するべき服の数は最低『保育園指定+2セット』

保育園用に用意するべき服の枚数は、保育園の指定数にプラス2セットほど用意した方が無難です。

 

保育園指定数3セット+予備2セット=5セット用意

保育園指定数4セット+予備2セット=6セット用意

というイメージです。

 

余分に服を用意した方が良い理由は、

 

  • お天気が悪い日が続く
  • あなたの体調が悪い

 

などで洗濯が出来ない日があるかもしれないから。

「服がない!」と、急に慌てなくても良いように、余裕を持って服を用意した方が良いのです。

 

ちなみに、1セットの具体的な中身はコチラ↓

  • 肌着
  • シャツ
  • ズボン
  • 靴下

 

より具体的な服の選び方については、後ほど詳しくお伝えしますね。

 

保育園用の服をたくさんゲットする方法

「保育園の服をたくさん買わないと・・・みんなどこで買ってるの?」

結論、多くのママさんが利用しているのは、

 

  1. プチプラで買えるお店
  2. 古着、オークション、フリマアプリ
  3. 友人や近所からのお下がりをもらう

 

と言った3パターンに分かれます。

 

①プチプラのお店でたくさん買う

  • 西松屋
  • バースデー
  • GAP
  • ZARA
  • ユニクロ

 

などの、プチプラで買えるお店を利用するママたち。

「たくさん買うからできれば安く済ませたい!」という気持ちも分かります。

 

ですが、「どうせ汚れるものだから」と激安の服ばかり買っても結局高くついちゃうことも。

すぐに破れて補修する手間がかかったり、直せなくて買い直したりすることがあるからです。

 

なのでママによっては、「上のシャツは西松屋、下のズボンはユニクロ」とお店を分けて服を揃えるパターンもあるようです。

 

②古着、オークション、フリマアプリ

古着に抵抗がなければ、オークションサイトやメルカリ、ジモティなどのアプリを利用するのも一つの手です。

 

1着ずつ購入する以外にも、服をいくつかまとめて出品されていることもあります。

福袋感覚で購入してみるのも意外と楽しめるかもしれません。

 

③友人、ご近所さんからのお下がりをもらう

友人やご近所さんからお下がりをもらう方法もあります。

 

「人に譲れるほどの服でもなければ、売るほどでもない・・・」

と、成長して着られなくなったお子さんの服をどう処分したらいいか、困っているママ達も実はいるんですよ。

 

あなた自身、服そのものに特にこだわらず「”いい服”よりもとにかく”量”が欲しい!」と考えているならお下がりで服を頂くという手段もアリ。

 

保育園用の服はたくさん用意しよう~年齢ごとの具体例~

「保育園用の服をたくさん買うにしても、具体的にどんな服を選んで用意したらいいの?」

 

より具体的にどんな服を用意したらいいかをお伝えしていきますね。

月齢/年齢別にお伝えしていきます。

 

①0歳~6ヶ月

まずは0歳~6ヶ月の赤ちゃんの服からお伝えします。

 

0~6ヶ月の赤ちゃんの服は、背中やお尻に飾りがないタイプの服を選ぶようにしましょう。

横になって寝ている場合が多い為です。

 

<春・秋>

  • 肌着
  • 長袖ロンパースまたはカバーオール
  • 靴下
  • スタイ

 

<夏>

  • 半袖の肌着
  • 半袖ロンパースまたはカバーオール
  • 靴下
  • スタイ

 

<冬>

  • 肌着
  • 長袖のロンパースまたはカバーオール
  • カーディガンまたはベスト、スリーパーなどの防寒具
  • 靴下
  • スタイ

 

ロンパースがNGという保育園もあります。

事前にロンパースでも問題ないか確認することを忘れないようにしましょう。

 

②6ヶ月~1歳

6ヶ月からハイハイ、タッチができるようになってくるお子さんもいらっしゃいますね。

保育園用の服もロンパースではなく、上下分かれる”セパレートタイプ”を用意するようにしましょう。

 

<春・秋>

  • 肌着
  • 長袖シャツ
  • 長ズボンまたは七分丈ズボン(トレーナー生地)
  • スタイ(よだれが気になるなら)

 

<夏>

  • 肌着
  • 半袖シャツ
  • 半ズボンまたは七分丈ズボン、レギンス
  • スタイ(よだれが気になるなら)

 

<冬>

  • 肌着
  • 長袖シャツ
  • 長ズボン(トレーナー生地)
  • スタイ(よだれが気になるなら)
  • 上着(ダウンやベスト)

 

肌着は春でもタンクトップがオススメです。

理由は、長袖の肌着に長袖のシャツだとより汗を掻いてしまい、風邪を引く原因になるから。

 

また、サイズもワンサイズ大きめの肌着を選ぶようにしましょう。

お腹が冷えることが無いのと同時に、次の年も続けて着られるので追加で買う手間が省けます。

 

③2歳~3歳

2歳~3歳はとにかくよく動きます。

服の生地はできるだけ丈夫なものを選びましょう。

 

そして服のサイズは大きめのものを選びましょう。

 

お着替えの練習やトイレトレーニングを始める園も。

お子さんが自分で脱いだり着たりしやすいようにする為、ぴっちりとした服よりも余裕のある服を選ぶのが無難です。

 

<春・秋>

  • 肌着
  • 長袖シャツ
  • 長ズボンまたは七分丈ズボン(トレーナー生地)

 

<夏>

  • 肌着
  • 半袖シャツ
  • 半ズボンまたは七分丈ズボン、レギンス
  • スタイ(よだれが気になるなら)

 

<冬>

  • 肌着
  • 長袖シャツ
  • 長ズボン(トレーナー生地)
  • スタイ(よだれが気になるなら)
  • 上着(ダウンやベスト)

 

特に、冬用の服選びは意外と考えものです。

室内は暖房をつけていますし、外は上着を着て遊ぶので暑すぎてお子さんが汗を掻いてしまいます。

 

冬でも通気性の良い服を選びましょう。

 

保育園用の服はたくさん必要!名前つけを効率よくする方法

「保育園の服をたくさん買ったら名前付けが大変だよね・・・何か効率いい方法ある?」

と、服を買うだけでは終わらないのが保育園の準備。

 

大量に手に入れた服の名前つけをスムーズに行う方法をお伝えしていきます。

 

結論、方法はこの3つです↓

  1. お名前スタンプ
  2. お名前シール
  3. マスキングテープ

 

順に解説していきますね!

 

①お名前スタンプ

1つ目は、お名前スタンプを使う方法です。

 

予め、直接名前が書けるタグが付いている服もあります。

名前タグ付きの服を選んでおけば、名前スタンプを押すだけで済みますね。

 

ただし、前もってお名前スタンプを用意しないといけません。

楽天やアマゾンで購入することが可能ですが、スタンプ作成に時間がかかることがあるので余裕を持って注文する様にしましょう。

 

②お名前リボン

2つめの方法はお名前リボンを使う方法です。

 

服に直接書きたくない、タグに書きたくないのでしたらお名前リボンがオススメです。

リボンに名前を書いて、服についているタグにパチンと止めるだけで済みます。

 

ただし、上に着るシャツなどには適していますが、ズボンや肌着にはオススメしません。

お子さんが違和感を感じてしまいます。

 

③マスキングテープ

3つめの方法はマスキングテープを使った方法です。

 

マスキングテープって洗濯しても意外と剥がれないものなんですよ。

万が一取れたとしても簡単に張り替えればいいだけなのでとってもお手軽です。

 

まとめ

【保育園用の服はたくさん必要なのか】についてまとめます。

(ご自身のメモにどうぞ♪)

 

結論、保育園用の服はたくさん用意する必要があります

 

  • 安全な服を選ぶ
  • NGな服があるのを知る
  • 用意するべき服の数は最低『保育園指定+2セット』

 

  • プチプラで買えるお店を利用する
  • 古着、オークション、フリマアプリを利用する
  • 友人や近所からのお下がりをもらう

 

また、年齢、季節ごとに必要な服を用意しておくことが重要です。

 

  • お名前スタンプ
  • お名前シール
  • マスキングテープ

 

これらを利用して、少しでも手間を省く工夫をしてみましょう。

 

保育園の準備は何かと大変かもしれませんが、それもはじめのうちだけです!

お子さんが伸び伸びと過ごせるように、服選びも慎重に行っていきましょうね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング




最新情報をチェックしよう!