子どもが洗顔を嫌がるときはどうする?嫌がらない対処法3選

「子どもが洗顔を嫌がる・・・。」

「子どもの洗顔って毎日しないといけないの?」

 

この記事は、そんなあなたへ向けて書いています。

 

はじめまして。フリー保育士の 田崎 愛香(たさきあいか)と申します!

ママと子のしあわせを目指す現役のベビーシッター/子育てアドバイザーとして、東京都を中心に活動中です。

 

子どもが毎日洗顔を嫌がり、もうどうしたらいいか分からない!そこのあなた。

 

結論からお伝えすると、子どもが洗顔を嫌がらない対処法は3つあります。

そこで今回は、子どもが洗顔を嫌がらない対処法についてご紹介します。

 

保育歴10年以上の経験を活かしたお話もしていこうと思っていますので、楽しみにご覧くださいね。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

*ブログにはない子育てのヒントが詰まった無料ノウハウはこちら

 




 

子どもの洗顔はいつから?

洗顔を嫌がる子どもは少なくありません。

むしろ、洗顔を嫌がることは日常茶飯事です。

 

そもそも、子どもの洗顔はいつから始めるものかをご存じでしょうか?

基本的には0歳から洗顔をすることが推奨されています。

 

医療法人 小泉重田小児科によると、

 

泣いても大丈夫ですから、石けんの泡で洗い、良くすすぎましょう。耳から目の周囲はどなたも洗い残しが多い場所です。洗う人(保護者)が両手を使えるようにすると上手に洗えます。両手を使うことで、「首のしわ」などの洗いにくい場所を広げて洗ったり、「目と目の間・目と鼻の間・耳の後ろ」なども安心して石けんの泡で洗うことができるようになります。

*引用記事:「医療法人 小泉重田小児科 子どものスキンケアQ&A

とのことです。

 

つまり、基本的には顔や頭はもちろん身体全体を、石けんを使用し泡立てて洗ってあげることが重要ということになりますね。

 

子どもの洗顔はいつから?:~朝洗顔~

先ほどは、『子どもの洗顔はいつから』についてお伝えしました。

ここでは、子どもの朝洗顔についてご紹介します。

 

突然ですが、あなたのお子さんは朝洗顔をしていますか?

朝洗顔をしている方は、一体いつ頃から始められましたか?

 

子どもが小さいうちの洗顔は、夜のバスタイムだけの場合がほとんどかもしれません。

そのため、朝洗顔を始める時期が分からない!と悩んでいるママさんも。

 

ピジョンでは、子どもの朝洗顔はいつからしていますか?という育児ママアンケートを実施していました。

朝洗顔を始めた時期で最も多かったのは、約半数を占めた4歳以降。次に約3割の1歳以降、次いで約1割の1歳前でした。

*参考記事:「ピジョン 育児ママアンケート 子供の朝の洗顔いつからしてますか?

 

このことから、早いうちから子どもに朝洗顔を習慣にしているママさんと、入園のタイミングで朝洗顔を始めているママさんに分かれていることがわかります。

 

子どもの朝洗顔を始める時期に迷っているママさんは、できるだけ早い時期から始めることをおすすめします。

なぜなら、朝起きてからのルーティンで「洗顔・歯磨き・お着替え」を習慣にすることができるから。

 

ぜひ一度、子どもの朝洗顔にチャレンジしてみてくださいね。

 

子どもが洗顔を嫌がる理由

子どもが洗顔を嫌がる理由は一体何なのでしょうか?

主に、以下の3つの原因があげられます。

 

  1. 顔に水や泡がかかるのが嫌
  2. 水が怖い
  3. 目にしみることが嫌

 

子どもだけでなく大人も同様に、嫌なことは繰り返したくないものですよね。

子どもが洗顔を嫌がる理由は、シャワー中に泡が目に入るなどの嫌な思いを一度でもした経験があったり、ただただ水が怖かったり・・・。

 

そういったことが原因になっている可能性があります。

ただし、きっかけさえあれば子どもはいつまでも嫌がることはありません。

 

子どもが洗顔を嫌がるときの対処法については、次の章で詳しくご紹介していきますね。

 

洗顔を嫌がるときの対処法

お待たせしました!ここでは、子どもが洗顔を嫌がるときの対処法について3つご紹介します。

 

  1. 少しずつ部分洗いをする
  2. はじめは泡を拭き取る
  3. シャワーの水圧を弱くする

 

一つずつ、詳しくご説明しますね!

 

洗顔を嫌がるときの対処法:①少しずつ部分洗いをする

子どもが洗顔を嫌がる場合は、少しずつ部分洗いをすることがおすすめです。

はじめは、ほっぺただけを洗い、翌日におでこ・・・と、徐々に範囲を広げていきましょう。

 

洗顔を嫌がるときの対処法:②はじめは泡を拭き取る

泡を使って洗顔する場合は、はじめのうちは濡れたガーゼで拭き取ると良いでしょう。

ガーゼで拭き取ることで、目にしみることを防いだり、顔に水がかかる心配もありません

 

水を含んだガーゼに少しずつ水を足していき、徐々に水に慣れるようにすると洗顔ができるようになっていきますよ。

 

洗顔を嫌がるときの対処法:③シャワーの水圧を弱くする

洗顔を嫌がる原因の一つとして、シャワーの水圧の強さに怖がっている可能性があります。

そんなときは、シャワーの水圧を弱めてみましょう。

 

少し弱めるだけでも子どもが嫌がらなくなり、洗顔ができるようになることがありますよ。

 

洗顔を嫌がるときの対処法:~番外編~

上記の3つを試しても、洗顔を嫌がる場合は無理に顔を洗わなくても大丈夫です。

なぜなら、より水に恐怖を感じ、拒否するようになってしまうから。

洗顔が出来なかった日は、濡れたガーゼでやさしく顔を拭き取ってみてくださいね。

 

余談ですが、わたし自身は洗顔はおろか、水が1滴顔についただけでも大騒ぎだったほどの水嫌いでした。

「3歳まではお水がダメで・・・」であればかわいいものですが、わたしの場合、お恥ずかしながら小学3年生くらいまで水嫌いが直りませんでした。

 

しびれを切らした母がスイミングに通わせたことで、ようやく克服しています。

参考や励みになるかは分かりませんが、水嫌いなお子さんの気持ちも分かりますし、それに悩むママのお気持ちも分かっているつもりです。

 

焦らず、寄り添いながら「洗顔は気持ちいい」「お水はたのしい」を伝えていっていただければと思います。

 

まとめ

今回は、「子どもの洗顔はいつから?」、「子どもが洗顔を嫌がる理由」、「洗顔を嫌がるときの対処法」についてご紹介しました。

洗顔を嫌がる理由は子どもによってさまざまですが、洗顔はできるだけ毎日習慣化したいものですよね。

 

子どもが洗顔に慣れるまでには、少し時間がかかるかもしれません。

しかし、いつかは嫌がらずにできるようになります。

 

今回お伝えした対処法をぜひ一度試してみてくださいね。

 

 

 

 

コチラも↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング


 

最新情報をチェックしよう!