授乳中に赤ちゃんが遊び飲みをするのはなぜ?原因と対策を深堀り!

「遊び飲みが原因で授乳に時間がかかり困っている」

「あまり飲んでいないけど栄養は足りてるのかな」

 

「どうしたら集中して飲んでくれるんだろう・・」

 

この記事は、そんなあなたへ向けて書いています。

 

はじめまして。ブログ運営者の 田崎 愛香(たさきあいか)と申します!

ママと子のしあわせを作るベビーシッターとして、現在は東京都を中心に活動中です。

※プロフィールの詳細はこちら

 

赤ちゃんの授乳中に起こる、遊び飲み。

 

結論から言いますと、

赤ちゃんをよく観察し、遊び飲みをする理由を見極め、それに合った対策を取ることで、遊び飲みは解消されます。

 

なぜなら、遊び飲みには下記のような原因があるからです。

 

  • 周りの環境が授乳に適していない
  • 赤ちゃんの成長に伴って、授乳中に集中力が切れてしまう

 

今回は、あなたに合った赤ちゃんの遊び飲みの原因と対策をご紹介します!

保育歴10年のプロとして、保育士目線でのお話もしていこうと思います。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。  

 

それでは、早速見ていきましょう!

*おすすめ記事:子育てにおいてあなたがやめるべきたった一つのこと

 




  

 

授乳中の遊び飲みとは?

忙しい日々を過ごす中で、授乳中に遊び飲みをされると困ってしまいますよね。

そもそも、遊び飲みとは一体何なのでしょうか?

まずは遊び飲みの特徴と時期について説明していきます。

 

遊び飲みの特徴

まずは遊び飲みの特徴を5つご紹介しますね。

 

  • 母乳やミルクを飲ませている途中に乳首から口を離してしまう
  • 乳首はくわえているけど飲んでいない
  • 飲んだり離したりを何度も繰り返す
  • 乳首を噛んだり引っ張ったりする
  • 飲んでる途中で周囲を見渡したり、こちらを見てニコニコして飲まなくなる

 

赤ちゃんが遊び飲みすることによって困ること

赤ちゃんが遊び飲みをすることによって、困ることはいろいろありますね。  

例えばこの4つ。

 

  • 飲んでいる途中に離すので、周りが母乳やミルクでビショビショになってしまう
  • 飲んでくれないから赤ちゃんの体重が増えにくい
  • 母乳の場合、飲んでくれないと乳腺炎になってしまう可能性が上がる
  • 乳首を噛んで、切れたり傷になってしまう

 

このように集中して飲んでもらえないと、赤ちゃんにもママにも良いことはありません。

あなたもこの中に当てはまるものはありましたか?

 

では次は、遊び飲みの時期について見ていきましょう。

 

遊び飲みの時期

遊び飲みは、早くて生後3ヶ月から始まります。

生後3カ月と言うと、赤ちゃんも飲むことが上手になり、授乳のリズムも整い始めるころです。

 

産後すぐから始まった授乳が軌道に乗り、ママもホッと一息・・・

と思ったのも束の間。突然、遊び飲みが始まるのです。

 

すぐに遊び飲みをしなくなったという赤ちゃんもいれば、卒乳・断乳をするまで遊び飲みをしていたという赤ちゃんも。

歯が生え始めるころに始まった、という赤ちゃんもいますので時期は様々です。

 

授乳中の遊び飲みの原因は?

授乳中の遊び飲み、原因は何なのか気になりますよね。

「この子はなんで遊び飲みをするようになったのだろう」

 

ここでは、遊び飲みの原因を8つご紹介します。

 

  1. 周りが気になってしまう
  2. お腹が空いていない
  3. 母乳やミルクの味が気に入らない
  4. 歯が生えてきてむず痒い
  5. 体勢が悪い
  6. おっぱいが張っていて飲みにくい
  7. 哺乳瓶の乳首のサイズが合わない
  8. ママが気になる

 

一つ一つ見ていきましょう。

 

遊び飲みの原因:①周りが気になってしまう

授乳する時にTVが付いていたり誰かがしゃべっていたりすると、そちらが気になってしまって飲んでくれないことがあります。

なるべく静かな環境で、赤ちゃんが授乳に集中出来るように整えていきましょう。

 

遊び飲みの原因:②お腹が空いていない

生後3カ月くらいになってくると満腹中枢が正常に働き始めます。

それによってあまりお腹が空いていないタイミングで授乳をしようとすると、「いらないよ~」と乳首を離したり、くわえたままでも飲むのをやめてしまうのです。

自分で飲む量を調節できるようになってきたというサインですので、嬉しい成長ではありますよね。

 

遊び飲みの原因:③母乳やミルクの味が気に入らない

母乳やミルクの味が好みじゃないと、飲まなくなることがあります。

特に母乳育児だと、授乳間隔が空きすぎたり、ママの体調や食べたものなどによって味が変わることがあります。

 

遊び飲みの原因:④歯が生えてきてむず痒い

歯が生え始めると、むず痒くてぐずることがあります。

歯の生える時期はとても個人差がありますが、早くて生後3カ月くらいから生え始める子も。

 

大人でもお口の中にトラブルが起きると、食事ができないことがありますよね。

赤ちゃんも歯が生えてくることで、歯ぐきがムズムズして、集中して飲むことができなくなってしまっているのです。

 

よだれが増えてきたり、ぶーぶー唾を飛ばすしぐさが見られると、歯が「こんにちは!」しているかもしれません♪

見てみてくださいね。

 

遊び飲みの原因:⑤体勢が悪い

授乳の体勢が悪くて、飲みにくいことがあります。

赤ちゃんにとって飲みやすい体勢がありますので、縦抱き・横抱き・フットボール抱きなど色々試してみましょう。

 

遊び飲みの原因:⑥おっぱいが張っていて飲みにくい

母乳育児の場合、授乳間隔が開きすぎておっぱいが張ると、飲みにくいことがあります。

そしておっぱいが張ることで、母乳が勢い良く出てきてしまって、ますます飲まなくなってしまうことも。

 

遊び飲みの原因:⑦哺乳瓶の乳首のサイズが合わない

ミルク育児の場合、乳首のサイズが赤ちゃんの口に合っていないことがあります。

乳首の穴のサイズが小さすぎてミルクの出が悪く、飲みにくいのかもしれません。

 

遊び飲みの原因:⑧ママが気になる

ママのことが大好きな赤ちゃん。

授乳中にママと目が合って、ついつい嬉しくて飲むのをやめ、ニコニコ笑顔なんてことも。

 

とても可愛らしいですが、飲んでくれないと心配ですね。

それに、スマホを見たりTVを見ながら授乳している場合、ママの気を引かせたいという場合もあります。

 

授乳中の遊び飲みの対策

遊び飲みの原因は分かったけど何か対策はあるの?と思いますよね。

では、ここからは授乳中に遊び飲みをしてしまう時の具体的な対策を4つ解説していきます!

 

  1. 周りの環境を整えてから授乳を始めよう
  2. 授乳のリズムをもう一度見直してみよう
  3. 哺乳瓶の乳首のサイズを確認しよう
  4. 母乳の場合は一度絞ってから授乳してみよう

 

遊び飲みの対策:①周りの環境を整えてから授乳を始めよう

TVを消す、周りの人に静かにしてもらう、誰もいない部屋で授乳する。

このように、赤ちゃんが飲むことに集中できる環境を整えてから、授乳をしてみてください。

 

もしもそれが出来ない場合は、授乳ケープを使って赤ちゃんの視界を遮ってあげると、落ち着いて飲んでもらえるかもしれません。

ぜひ試してみてください。

 

遊び飲みの対策:②授乳のリズムをもう一度見直してみよう

あまりお腹が空いていないのかな?

と感じたら今の授乳間隔を少しずらしてみましょう。

 

月齢が進むごとに一度にたくさん飲めるようになりますので、ママが思うよりもう少し授乳間隔を開けてもいいかもしれません。

お腹がすいていれば、ちゃんと集中して飲んでくれるようになります。

 

遊び飲みの対策:③哺乳瓶の乳首のサイズを確認しよう

哺乳瓶の乳首のサイズは、成長と共にサイズアップする必要がありますので、確認してみましょう。

月齢を目安にSS・S・M・L・LLと色々なサイズがありますので、あなたの赤ちゃんに合った月齢のサイズのものを使いましょう。

 

メーカーによっては、赤ちゃんに合うもの・合わないものとありますので色々試してみると良いですよ。

 

遊び飲みの対策:④母乳の場合は一度絞ってから授乳してみよう

おっぱいが張ってしまうと、とても飲みにくくなってしまいます。

授乳をする前に、溜まっている母乳を少し絞ってから授乳すると、乳首が柔らかくなり、出る勢いも少し落ち着きますので、赤ちゃんが飲みやすくなります。

 

まとめ

授乳中の遊び飲みは、忙しい毎日を送っているママにとって、大きな悩みの種ですね。

遊び飲みを解消するには赤ちゃんをよく観察して、どうして遊び飲みをするのか原因を見極めましょう。

 

そしてこちらの4つの対策

  1. 周りの環境を整えてから授乳を始めよう
  2. 授乳のリズムをもう一度見直してみよう
  3. 哺乳瓶の乳首のサイズを確認しよう
  4. 母乳の場合は一度絞ってから授乳してみよう

 

を試してみてください。

あなたに合った解決策が見つかるはずです。

 

我が子が「飲まない」ことや「食べない」ということは、ママにとって結構なストレスになりますよね。

でも赤ちゃんが成長している証ですので、あまり心配しすぎないで。

 

「なんで飲んでくれないの?」と重くとらえ過ぎないで、少し肩の力を抜いてみてください。

今しかない貴重な赤ちゃんとの授乳タイム。素敵な時間にしてくださいね♪

 

 

 

ひとりで頑張る子育てはもうやめにしませんか?

↓ ↓ ↓

   

 

 

コチラも↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング



 

 

 

最新情報をチェックしよう!