赤ちゃんの髪の毛トラブル5選!ハゲや毛玉に困ったママ必見!

「赤ちゃんの髪の毛に毛玉が出来てる!」

「後頭部がハゲてきちゃった・・・」

 

赤ちゃんの髪の毛は、柔らかく絡まりやすいので、毛玉がやチリチリになりやすいですよね。

 

そんな時は、原因を知って、それに沿ったを予防対策を試すことで緩和されます。

また、トラブルが起きてしまった時の対処法もお伝えしていきますね。




赤ちゃんの髪の毛トラブル5選とその原因

「いつの間にか赤ちゃんの髪の毛がハゲてきてる!後頭部には毛玉まである!!」

赤ちゃんの髪の毛のトラブルは意外と多いものです。

 

今回は、

  1. ハゲる
  2. 毛玉ができる
  3. 色が茶色い
  4. 逆立つ
  5. くせ毛

 

という5つのトラブルの原因を解説していきます。

 

赤ちゃんの髪の毛トラブル:①ハゲる原因

ハゲる原因は3つあります。

 

1、新生児生理的脱毛

赤ちゃんは生後3ヶ月~6ヶ月頃から髪の毛が抜けて生え変わります。

これは赤ちゃんの成長過程の一つですので全く心配はいりませんよ。

 

2、乳児期後頭部脱毛

まだ寝返りもできない頃の赤ちゃんは、抱っこされている時以外はほとんど寝て過ごします。

そのため布団やまくらに触れている後頭部に摩擦が起きて、髪の毛が抜けたり切れたりしてしまうのです。

 

3、湿疹による脱毛

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。

他の肌と同様に頭皮にも乳児性湿疹が起きやすいのです。

 

頭皮に乳児性湿疹ができると、皮脂が溜まりかさぶたができます。

かさぶたになるとその部分の髪の毛ごと取れてしまって、ハゲの原因になることがあります。

 

赤ちゃんの髪の毛トラブル:②毛玉ができる原因

こちらもねんねの時期の赤ちゃんに多くみられます。

赤ちゃんの髪の毛は細くて柔らかいですよね。

 

寝ている時に布団や枕に擦れることで摩擦が起きて毛玉になってしまうことがあります。

 

赤ちゃんの髪の毛トラブル:③色が茶色い原因

  • 生まれた時から髪色が茶色っぽい
  • 生まれた時は黒髪だったのにだんだん茶髪になってきた

 

と、赤ちゃんの髪の毛の色に悩むママも多いですね。

よく栄養が足りないと髪の毛の色が茶色くなると聞いたことがあるかもしれませんが、それは関係ありません。

 

髪の毛の色が茶色くなる原因は、髪の毛に含まれるメラニン色素が関係しています。

髪の毛はメラニン色素の働きのおかげで色があるのですが、赤ちゃんはこの働きが不安定なので、茶色になることがあるのです。

 

成長と共にメラニン色素の働きが安定していきますので、過度に心配する必要はありませんよ。

 

赤ちゃんの髪の毛トラブル:④逆立つ原因

1、髪の毛の生え方が上向き

髪の毛の生え方は人によって違います。

上向きに生えていると逆立って見える原因に。

 

2、静電気

赤ちゃんの髪の毛は、大人の髪の毛と比べてとても軽いので、服やお布団に擦れると静電気が起き逆立ってしまいます。

 

赤ちゃんの髪の毛トラブル:⑤くせ毛の原因

1、遺伝

パパやママのどちらかがくせ毛の場合は約70%。

そして両親どちらもくせ毛の場合はなんと90%の確率で遺伝すると言われています。

 

2、毛穴の詰まり

シャンプーの流し残しがあると毛穴が詰まってしまい、髪の毛がまっすぐ生えてこなくなることがあります。

それが、くせ毛の原因になることも。

 

しっかりと洗い流すように気をつけてみてください。

 

赤ちゃんの髪の毛トラブルの予防対策と対処法

「赤ちゃんの髪の毛に毛玉やハゲができないように何か対策はあるの?」

「実際に髪の毛トラブルが起きてしまったらどうすればいい?」

 

赤ちゃんの髪の毛のトラブルに対する予防対策は3つ!

  1. 仰向けに寝かせすぎない
  2. ドーナツまくらを使う
  3. 髪の毛をこまめにチェックする

 

そして対処法は、

  1. 帽子をかぶる
  2. くしで優しくとかす
  3. 今の髪の毛を楽しむ

 

この3つです。

ひとつひとつ解説していきます。

 

予防対策:①仰向けに寝かせすぎない

仰向けだけでなく横向きにしてあげるだけで摩擦の起きる個所が分散されますので、毛玉・ハゲ・寝ぐせの予防になります。

それに頭の形を良くすることにも繋がりますので、赤ちゃんが寝ている時は試してみてください。

 

予防対策:②ドーナツまくらを使う

赤ちゃん用のドーナツまくらは「寝ハゲ対策用」という物が売っています。

色々な形・柄・大きさ・価格のものがあり、簡単にハゲ予防ができるのでオススメですよ。

 

*赤ちゃんの顔にまくらが乗ると窒息の恐れがあり、注意が必要です。

 

予防対策:③髪の毛をこまめにチェックする

抱っこした時に赤ちゃんの髪の毛をチェックしてみましょう。

絡まりそうだなぁという箇所を、手で優しくほぐしてあげることで毛玉予防になります。

 

次に、対処法3つを解説していきます。

 

対処法:①帽子をかぶる

赤ちゃんが帽子をかぶっているのはとても可愛いですよね。

ハゲをかくすだけでなく、ファッションの一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

日差し対策にもなり、お出かけが楽しくなりそうですね。

 

対処法:②くしで優しくとかす

毛玉ができてしまった時は引っ張らないように髪の毛をおさえて、くしで優しくとかしてあげましょう。

なかなかほぐせない場合は、お風呂の時シャンプーをしながらくしでとかしてあげると効果的です。

 

寝ぐせが付いてしまった時も、くしを通してあげるだけでくせになりにくくなりますよ。

 

対処法:③今の髪の毛を楽しむ

赤ちゃんの髪の毛は、いつか髪質が変わってしまうことも多いです。

柔らかくてふわふわの髪の毛は、今しかない赤ちゃんの魅力のひとつ。

 

髪の毛を結んだり、たくさん撫でたりして楽しみましょう。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの髪の毛トラブルについてお伝えしました。

簡単にまとめてみましょう。

 

  1. ハゲる
  2. 毛玉ができる
  3. 色が茶色い
  4. 逆立つ
  5. くせ毛

 

  1. 仰向けに寝かせすぎない
  2. ドーナツまくらを使う
  3. 髪の毛をこまめにチェックする

 

赤ちゃんの髪の毛はひとりひとり違います。

他の赤ちゃんと比べるのではなく、我が子の今しかない髪の毛を楽しみましょう。

 

色々な髪型にしたり写真を撮ったりして、たくさんの思い出を作ってくださいね!

 

 

コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 


育児・アドバイザーランキング




最新情報をチェックしよう!