0歳児の赤ちゃんが寝ない原因とは?効率的な寝かしつけ方3選!

0歳児の赤ちゃんが、なかなか寝ないことに悩んでいませんか?

「毎日、寝不足続きで気分が重い・・・」



「おもちゃやメリーであやしても、全然ダメ・・・」

「生まれたばかりの赤ちゃんなのに、イライラしてしまう・・・」



赤ちゃんは、寝ている時間が多いのが基本。

それでも、寝ない子はもちろんいますよね。



なかなか寝てくれない赤ちゃんに悩んでいるあなた。どうか、一人で悩まないで。

ここでは、赤ちゃんが寝ない原因と、効率的な寝かしつけ方をご紹介します!



0歳児の赤ちゃんが寝ない原因って?

0歳児とは、生後0ヵ月~12か月の赤ちゃんのこと。

冒頭でお伝えした通り、生まれたばかりの赤ちゃんは、寝ていることが多いです。



寝ない原因としては、以下の5つがあげられます。

  1. 夜が昼と同じ状態になっている
  2. ミルクが足りていない
  3. オムツが気持ち悪い
  4. 体調が悪い
  5. 抱っこしてほしい


詳しくみていきましょう!



0歳児の赤ちゃんが寝ない原因:①夜が昼と同じ状態になっている

夜になってから、旦那さんや上のお子さんと、大きな声で話したりしていませんか?

夜は、【寝る時間】ということを赤ちゃんに教えることが大切。



人は寝ていても、脳は働いているままです。そのため「音」に反応してしまうことがあります。テレビをつけたりすることも少し気をつけてみて。

できれば、寝ている部屋の電気も暗くすると良いでしょう。



0歳児の赤ちゃんが寝ない原因:②ミルクが足りていない

おっぱいやミルクが足りていなくて、寝れない赤ちゃんも多いです。

それぞれの月齢によって、授乳回数は決まっています。



ただし、あくまで平均。

おっぱいを探したり、指吸いをしていたら、授乳のサインかもしれません。



 0歳児の赤ちゃんが寝ない原因:③オムツが気持ち悪い

何をしても泣き止まない赤ちゃん。

オムツに、おしっこかうんちをしているかも。



特に生まれたばかりの赤ちゃんは、オムツの替える頻度は多いです。

少しでも排泄をしているようなら、替えてあげましょう。



0歳児の赤ちゃんが寝ない原因:④体調が悪い

「いつもよりも泣き方がヒドイ・・・」

もしかしたら、子どもの体調が悪いのかもしれません。



まずは、検温をしてみて。

そのあと、どこか痛がっている様子があるか、チェックしてみてください。



熱がある場合や、どこかに痛みを感じている場合は一度、病院で受診しましょう。



0歳児の赤ちゃんが寝ない原因:⑤抱っこしてほしい

赤ちゃんは甘えん坊です。

抱っこして寝かせてほしいのかもしれません。



また、赤ちゃんはママに包み込まれて、安心したいもの。

抱っこし続けるのがシンドイときは、抱っこひもやスリングで赤ちゃんを抱っこしてみてください。



安心すると、案外すぐに寝る子どもも多いですよ。



0歳児で寝る子と寝ない子の違い

先ほどは、寝ない原因をご紹介しました。

こちらでは、寝る子と寝ない子の違いについてお伝えしていきます。



ズバリ、一番の違いは「生活リズムが乱れて、昼夜逆転している」ことです。

赤ちゃんにも、生活リズムがあります。睡眠時間が大人と同じでは、とてもじゃないけど足りません。



まずは、以下の7つを取り入れているかチェックしてみてください!

  1. 朝起きる時間と夜寝る時間を大体同じにする
  2. 日中は太陽の光を部屋に入れる
  3. 日中はテレビや日常生活の音を出す
  4. 天気の良い日はお散歩に行く
  5. 淋浴の時間は毎日ほとんど同じにする(できれば夕方以降が◎)
  6. 夜は音をできるだけ静かにする
  7. 夜の寝る部屋は暗くする


いかがでしたか?1つもチェックがないママは是非一度、試してみてくださいね。

大切なことは、早いうちから生活リズムをつくることです。



子どもは、夜遅くまで起きることが、当たり前の環境になってしまうかも。

早いうちに見直すほうがラクですよね。



一日で変化するものではないので、根気よく続けてみてください。



0歳児の効率的な寝かしつけ方3選!

寝ない子どもの対策として、環境を整えることが分かりました。

それでも寝ない・・・。



そんなときは、以下の3つを是非お試しください!

  1. 絵本の読み聞かせをする
  2. 優しい音楽を小さい音で流す
  3. 抱っこをしながら子守唄を歌う


一つずつ、詳しくみていきましょう!



0歳児の効率的な寝かしつけ方:①絵本の読み聞かせをする

赤ちゃんの寝つきが悪い。そんなときは絵本の読み聞かせをしてみてください。

子どもは、ママの声を聞くと安心します。優しい声で、読み聞かせてあげると良いでしょう。



0歳児の効率的な寝かしつけ方:②優しい音楽を小さい音で流す

ママの声で寝ない場合は、オルゴールを流してみてください。音楽の中でも、優しいものがオススメ。

音は小さくしてくださいね。音楽で、安心して寝る子どももいます。



0歳児の効率的な寝かしつけ方:③抱っこをしながら子守唄を歌う

音楽でも寝ない・・・。

そんなときはやはりママの抱っこです。



赤ちゃんを抱っこして安心させましょう。さらに、子守唄を歌ってあげるのも◎。

子どもは、ママの抱っこと声を聞くと落ち着きます。



余談ですが、生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ目が見えていません。

そのため、抱っこと声でママを判別します。



まとめ

0歳児の赤ちゃんが、寝ないことで悩みを抱えているあなた。赤ちゃんは、泣くことが仕事です。寝なくてぐずることが普通なのです。

どうしても寝不足が続くと、イライラしてしまうこともありますよね。そんなときは誰かを頼りましょう。



子どもは、抱っこでママの気持ちが分かります。そのため、子どもを触れ合うときは、ママもハッピーな気持ちでいて。

子どもはとても安心するでしょう。





コチラ↓ポチっとして頂けるとうれしいです!



にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


育児・アドバイザーランキング

最新情報をチェックしよう!